teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


高安悠画会 東京展

 投稿者:横手由子メール  投稿日:2008年 8月27日(水)11時01分36秒
  洋子ちゃん いよいよですね。
案内のお礼が遅くなってゴメンナサイ。
東京在住の妹に送りました。
洋子ちゃんは開催中はずっと会場にいらっしゃるのかな?
成功をお祈りしてますね。

http://blogs.yahoo.co.jp/ran_urano

 
 

高安悠画会東京展

 投稿者:飯野俊子メール  投稿日:2008年 8月19日(火)13時25分22秒
  高安悠画会東京展のちらしをアップしますね。
一度トライしたら写真の容量が大きすぎてダメだった。
今回こそ。

ところで、洋子ちゃん、凄いね。
永田町1-1-1が会場というのが。盛会を祈ってます。
八尾高の東京支部のHPにもアップされてましたよ。

皆さん、お時間があれば是非足を運んであげてくださいね。
故郷の懐かしい風景に巡り合えるかもしれません。
 

18期ゴルフコンペへのお誘い

 投稿者:藤原 準二メール  投稿日:2008年 7月 7日(月)23時03分18秒
  八尾高18期ゴルフ・リベンジコンペをご案内します。

◎ 昨年12月1日の18期同窓会の前日、11月30日に鳴尾ゴルフ倶楽部でプレ同窓
会のイベントとして、ゴルフコンペを開催しました。一部の参加者を除くと、大半の人
が不本意なプレーに、リベンジを誓い合いました。その他の18期同窓生の皆様にも、
関西屈指の難コースでの再戦のご案内です。
◎ 東京組の参加、大歓迎です。
◎ 女性の参加も大歓迎です。
◎ 昨年、参加いただけなかった方も、勿論大歓迎です!
◎ ゴルフやる人の情報頂ける方も、ご連絡頂ければありがたいです。

◎ 会場 鳴尾ゴルフ倶楽部
       住所 666-0155兵庫県川西市西畦野金ヶ谷1番地の4
       電話 072-794-1011

◎ 日 時  平成20年8月29日(金)
     集    合    8時00分
     スタート    9時00分 アウト スタート
◎ 当日のグリーフィ 13,000円程度(キャディ込)

◎ 昨年の参加申込者は、次のとおりでした。
  伊藤  孝(7)・今川 憲司(3)・岡田 秀夫(2)・糟谷 純一(7)・
 加藤  朗(2)・北辻  勇(5)・児玉 正之(2)・斉藤 哲哉(4)・
 辻尾 伸賢(9)・津田 健二(3)・藤原 準二(8)・三浦 義郎(10)・
 村山 伸生(8)・城山 芳郎 先生   合計14名

◎ お申込みの締切  7月31日(木)
 ただし、当ゴルフ場は、乗用カートがありません。暑い時期ですが、全コース「歩き」
 です。万が一、参加申込みが2組以下の場合には中止することがあることを、予めお含
 みおきください。(7月7日現在の申込み者は7名です。)

◎ 申し込み・ご質問は、幹事の藤原準二まで、下記メールアドレスにお願いします。
   E-mail/  fuji-personals@hct.zaq.ne.jp

http://www.naruo.or.jp

 

東京支部にも情報お寄せ下さい

 投稿者:斎 輝代メール  投稿日:2008年 6月24日(火)21時30分11秒
  横手さま。

突然大変失礼します。東京支部ホームページの管理をしている16期の斎です。
18期の皆さんの仲のよさが羨ましいです。

中山哲夫氏(河津氏にも)に同期会の報告をお願いしましたが、多忙?のため書いてくれませんでしたので、直接お願いしてしまいます。

東京でイベントがある時など早めにお知らせ下さいませんか。

18期の方が参加される展覧会やイベントなどHPで宣伝させて下さい。
情報集めが結構大変なので、どうぞ宜しくお願いします。

また、ギャラリー欄では卒業生や縁の方の作品を掲載していますので、一度ご覧頂いて、参加して頂けると有難いです。ぜひ、ご連絡よろしくお願い致します。斎

(これは投稿ではなくお願いですので、読後削除して下さいませ)

http://www.yaoko-tokyo.jp

 

良かった~

 投稿者:横手由子メール  投稿日:2008年 6月11日(水)02時35分19秒
  洋子ちゃんごめんね。展覧会に行けなくって~
でも掲示板見て行った方あったんだ~
この間の日下部邸での写真をぺったんこ~
photo by kitatuji

http://blogs.yahoo.co.jp/ran_urano

 

報告ありがとう~♪

 投稿者:横手由子メール  投稿日:2008年 6月 3日(火)02時06分11秒
  井村君 報告ありがとう!
写真はないの?
発端がDOSOKAIだったって~
1組 9組 他にもミニ同窓会があったみたいだし
DOSOKAIやって良かったんだぁ~
河津君 掲示板を見ていても なかなかコメント入れてくれる人いないけど
みんな あのDVD すごいって!
ありがとうでした。

掲示板 読み逃げしてる人達にお願いです。
コメント入れてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/ran_urano

 

9組のクラス同窓会の報告です。

 投稿者:青木寿男メール  投稿日:2008年 5月30日(金)22時44分46秒
  5月の25日(日)、懸念していた雨も朝の内にあがったさわやかな日に9組のクラス同窓会を八尾の料亭「山徳」にて行いました。
当日の参加者は女性が6名。男性は9名でした。
担任であった前川ロング先生は残念ながらすでに故人となっておられ、思い出を語り偲ばせていただきました。

今回の話の発端は、やはり昨年12月のDOSOKAIでした。
「是非また集まりたいね。学年同窓会もいいけれど今度はクラスでもやりましょう・・・。」恐らくそのときは参加者の全員がそう思ったことでしょう。
9組にとって幸いなことに今回幹事を務めてくださったグループが卒業以来、毎年顔を合わせておられ「じゃあ私たちが中心になって企画しましょう」と即決したことです。そしてそのグループの方々を中心に幹事が決まり、呼びかけから運営までやっていただきました。

さて当日、時間となり参加者が次々と会場に入ってこられます。
「やあ!!○○君、えらい太ったなあ。」「○○さん、相変わらずお美しい!!」と叫び、はたまた隣の人に小声で「今入ってきたベージュのブレザーの人・・・誰?」「ん?・・・分からん」と囁き合ったり。
格調の高いお料理を頂きながら、各自近況報告を行いました。それぞれに充実した歩みをされていることにお互いにうれしく思ったり、うらやましく思ったりいたしました。もちろん人に言えない挫折や苦悩もいくつもあったことでしょうが、それらを乗り越えた年輪を感じさせる風格にお互いに時の流れを実感いたしました。
その後母校に行き、当時から様相を一変したキャンパスと同窓記念会館の展示物を見学して、予定のスケジュールは終了いたしました。しかし別れがたい気持ちが強く、さらに近鉄八尾駅の喫茶店でしばしオシャベリをしました。

いずれにしても“同窓会に出席できる“ということは”恵まれた状況にある“からこそ可能であり、そのことにもお互いに感謝しながら現実の世界に戻って行きました。

参加者(敬称略・すべて旧姓・*印は幹事さん)
浅生峰子・*大橋和美・小椋美起子・桑田禎子・*末吉多鶴子・
村上由美子・*辻本陽子・*井村寿男・岡田秀雄・近藤憲治・
末次憲行・*竹本昌保・*辻尾伸賢・*戸川和明・*中西全宏・
中村 彰

なお井村は幹事でありながら、打ち合わせに行ったのは試食の時だけであり、その上、当日何の役にも立たなかったため、ペナルティとしてこのリポートを投稿いたしました。

また9組は“毎年一回の開催”を決定いたしました。他のクラスの皆さんも負けずに是非開催してください。
 

日下部宅で~♪  NO2

 投稿者:木村和美  投稿日:2008年 5月30日(金)14時58分12秒
  まっすぐなまなざしが印象的だった八尾高時代の日下部君を、私の方はしっかり覚えていますが、同じクラスになったことも言葉を交わしたことも、一度もないのです。

そんな方のお宅に…ずいぶんためらったのです。が、ほかでもない「太城君を囲んで桂子さんを偲ぶ集い」。おもいきって参加させていただきました。


「いらっしゃい、ようこそ。」 の気持ちを理想的な形で家にしたような日下部邸は、美しい自然の中に私達を迎えいれてくれました。

42年前の同窓生仲間。  両恩師の温顔。
すばらしいお料理の数々は全て奥様の手になったもの!  尽きないほどの美酒。
日下部御夫妻のかもすハーモニーの心地良さ。いきとどいた心配り。
この日ちょうど健やかに86歳のお誕生日を迎えられた母堂が、皆の輪に加わってくださったのもすてきでした。
ま近に啼く鶯に応えるように香りたつオールドローズの花々。


そうして…皆の中心にはいつも太城君の穏やかな笑顔がありました。
想い果てないはずなのに、優しく語りかけてくれた太城君。
あの場の誰もが、涙ぐみたくなるほどうれしかったのは、そのことでした。
励まされたのはむしろ私達の方だったかもしれません。
そういえば、薔薇のかげから桂子さんの姿が見え隠れしていたような、、、天上から馳せ参じてくれたのかしら?




時折煙るように降った霧雨の風情もあって、なにか『秘密の花園』に紛れ込んで優しい夢をみていたような、今もまだそんな気がしています。

こんな集いを用意してくださった日下部御夫妻に、皆こころからのお礼を申しあげます。
「ほんとうにありがとうございました。」

                 5月の末に    かずみ
 

勝手に~♪

 投稿者:横手由子メール  投稿日:2008年 5月27日(火)01時26分11秒
  鴻上君~
クラス会の報告ありがとう!
村上君から写真預かったので 勝手に貼り付けておきますね。

http://blogs.yahoo.co.jp/ran_urano

 

25日 日下部宅で~♪

 投稿者:横手由子メール  投稿日:2008年 5月27日(火)00時08分5秒
編集済
  光島先生 城山先生 太城力良 北辻勇 斉藤哲哉 三浦義郎 村上清司 勝谷和夫 松村泰秀 木村(近藤)和美 杉本(服部)寿々 横手(中村)由子
が日下部宅にお邪魔しました。

オールドローズを見ながら 奥様手料理のご馳走でガーデンパーティーでした。
みんなで楽しい時間を過ごしました。

日下部御一家には本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

太城君も少し元気になっていたのでホッとしました。

http://blogs.yahoo.co.jp/ran_urano/archive/2008/5/25

http://blogs.yahoo.co.jp/ran_urano

 

高安悠画会展

 投稿者:飯野俊子メール  投稿日:2008年 5月22日(木)20時15分18秒
  洋子ちゃん、
今日、高安悠画会展の案内をいただきました。
相変わらず頑張ってますね。
私の友達って、みんな、何かをしっかりとやっている人が多い。
大阪に帰った時は、時々洋子ちゃんとは会って話をするけれど、
いつも、元気をもらってる。

皆さん、是非、高安悠画会展を覗いてあげてください。
大槻洋子さんは服部川の地に根ざした、活動をしっかりと続けてきています。
昨年、第一回展を見せてもらったのですが、会員さんたちと、主宰者である大槻さんの
熱意がしっかりと感じられ、とても明るい、溌剌とした展覧会でした。
今年は残念ながら伺えそうにないのですが、誰か、見に行って下さった方、
書き込みしてくだされば、嬉しいな。
 

報告します

 投稿者:鴻上俊二  投稿日:2008年 5月19日(月)12時38分20秒
   3年1組のクラス会を、母校「ユウカリホール」で開催しました。ネットの特徴の速報性を生かして、参会者と気付いたことを報告します。
 DOUSOKAIでも、他のクラスから羨ましがられた、参加者の多さから、結束の固さを改めて実感しました。代表幹事の川端君の労に負うこと大であります。
 昨日いただいた、完璧な名簿から、出席者の氏名を記します(名簿には、在校時の出席番号順に、同窓会の出欠、昨日のクラス会の出欠、旧姓、旧名、住所、電話番号が載っています。別紙にはメールアドレス、携帯の電話番号、メールアドレスが載っています。昨日現在で連絡不能の方は、岸田允宏君、植田久世さん、畠山邦子さんの3名だけで、物故者は一人もいないそうです)。

大杉賛、大地正二、岡田秀夫、尾崎章一、表仁志、加藤朗、川端敏治、鴻上俊二、杉本浩己、高津由亘、中西善嗣、豆井一雅、村上清司、藪下哲司、和田哲治、村上(安藤)智子、黒瀬(稲田)幸代、河上(柏原)明子、松岡(北)照美、戸尾(桐生)まさ子、小西(西川)礼子、吉本(西森)幸世、星野早苗、寺田(松井)育子、百瀬(松本)佳子、井上(安岡)久光江。以上26名。

 DOUSOKAIよりも増えました。
 感激の DOUSOKAI から約半年、この掲示板が、藤井先生、太城さんの、相次いだ訃報で、停滞しているのが気になっていましたところ、飛び入りで参加くださった城山先生も、「投稿しようと思っている」とおっしゃってまして、その会話の中で「先生の写真も入れてお前が書き込め」ということになったのですが、写真ができてから、気の利いたことを思いついたらと、そのうちにと思っていたら今までと同じで、誰も投稿しなくなると思い、乱筆?乱文で申し訳ないけど報告します。
 なお1組は、川端君と杉本君が永久幹事、来年も5月の24日に、以降毎年開催することが決定しました。
 

お知らせ

 投稿者:横手由子メール  投稿日:2008年 4月25日(金)01時36分21秒
  太城桂子さんを偲ぶ会を
日下部昇君のご自宅で 5月25日(日)に~
参加ご希望の方は 横手由子までご連絡ください。

http://blogs.yahoo.co.jp/ran_urano

 

ありがとう

 投稿者:飯野俊子  投稿日:2008年 4月 3日(木)23時16分15秒
  由子さん、先日はお世話さまでした。

本当にいいアルバムでしたね。
家族やたくさんの知人に囲まれた桂子さん、
力良さんに寄り添っている桂子さん、みんないい笑顔です。
本当に幸せに包まれた雰囲気が写真、一枚一枚から感じられます。

一人で桂子さんの事をいろいろと思っていたけれど、
由子さんや和美さん、寿々さんとお話ができてよかったです。
桂子さんはずっとこれからも私の尊敬する、そして、自慢のできる友人として
心の中に残ります。本当にありがとう。
 

報告

 投稿者:横手由子メール  投稿日:2008年 4月 1日(火)18時07分29秒
編集済
  森君~
悲しいミニ同窓会のときに テレビで森君見たよって言ってた人がいたよ。

今日は桂子さんを偲んでランチしてきました。
力良さんが 思い出のアルバムを送ってくださったので それを見ながら~
お金はないけど お友達が私の財産と思って生きてきた由子にとって
大きな財産を失ってしまいました。
悔いはいっぱいあるけど~ 思い出もね。
桂子さん 本当にいっぱいいろいろありがとう!

光島先生 城山先生からも みんなで集まるときは誘ってくださいと
お電話いただいています。

http://blogs.yahoo.co.jp/ran_urano

 

ご冥福をお祈りします

 投稿者:森てるおメール  投稿日:2008年 3月27日(木)11時48分38秒
  同窓会の日以来、テレビ朝日の全国ネットで放送され、市の恥を全国にさらしたような議員等の報酬引き上げ問題に没頭していて、掲示板をのぞいていませんでした。
今議会の予算審議が一段落して、久しぶりに訪れてみたら訃報が2件。

藤井美智子先生、高井桂子さん(旧姓でごめんなさい)ご冥福をお祈りします。

同年代でも、心優しいいい人たちが早世します。私などはお赤飯を炊いて喜ぶ人がたくさんいそうだから、せいぜい「世にはばかる、憎まれっ子」でいてやろうと思っています。
「<森てるお>なんか要らない!」とメールをくださる人なんかもいるくらいですから、何かと、目の上のたんこぶなのでしょう。
そんなことなんかも、逆に楽しんでいますが。

85歳の母親が健在で大阪市内に住んでいまので、たまには帰阪します。とんぼ返りだから、皆さんにお会いする機会はほとんどない、でしょうね。
20代早々から大阪を離れていましたので、いつ行ってもなんとなく10代の日の空気を感じます。
この掲示板でみなさんのお名前や声を見るたびに懐かしさを感じています。

たまにはのぞきに来ますので、今後ともどうぞよろしく。

http://www.moriteruo.com

 

ランチのお誘い

 投稿者:横手由子メール  投稿日:2008年 3月24日(月)22時11分56秒
編集済
  4月1日 12時 上六都ホテル

今出席予定者は 近藤和美 岩谷俊子 服部寿々 中村由子
桂子さんも出席してね。
もし 参加したいと思われる方は ヨコテまで御連絡下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/ran_urano

 

戸惑っています~

 投稿者:横手由子メール  投稿日:2008年 3月20日(木)04時49分9秒
  大切なお友達 太城桂子さんを失って~
和美さん 投稿ありがとう!
完璧すぎて あとが入れにくかったわ。

『ナカガワ』でのランチは 桂子さんが希望した場所だったのよ。
まだまだ次のランチがあると思っていたのに~

力良さん お元気ですか?
予期せぬ出来事でびっくりしてらっしゃるだろうけど。
みんなに会いたくなったら 連絡してくださいね。

http://blogs.yahoo.co.jp/ran_urano

 

桂子さん・けいこちゃん・・・

 投稿者:木村和美  投稿日:2008年 3月 5日(水)15時25分25秒
  芽が出たことを気付かれるのを待っていたように、庭の水仙がつんつんと葉を伸ばし始めた。
蕾がふくらむ頃には花束にしてあの高台の家に届けよう。
「まあ和美さん」と言いながら石段を駆け下りてきたきた桂子さんは「どうぞ、どうぞ」と門を開けてくれる。
「これから母の所(私の母の家は太城家のごく近く)へ…」 「少しだけ、いいでしょ。」「でも…」 と口ごもりつつ私の足先はすでに門を入り玄関の方を向いている。 「こっちこっちへ、そうそう。」 優しく誘導されるままに、いつのまにか上がりこんで、お茶を戴きながらおしゃべりに興じていた。  まっすぐこちらを見つめ大きく頷きながら話しを聞いてくれる桂子さんを前にすると、思わず時を忘れてしまうのだ。

今日も ”桂子マジック”にかかって長居してしまったことを申し訳なく思いつつ、二三ヶ月後には又同じことを繰り返してしまうのだろう。

でも今は高台のあの家を訪ねても、にこやかに迎えてくれる女主人の姿はもうない・・・



時はず~と遡り、柏原中学の昼休み。 一年三組の教室の窓辺で転校してきたばかりの12歳の私は、ひとり所在なく校庭を眺めていた。     そこへすーと寄ってきた子が得意気にこう言った。    「ほら、あれが高井桂子さん。 ものすご~く偉い(=賢い)んやから!  私らとは全然違うんやから!」    指さす先の、縄跳びの列に並んだセーラ服姿はひょいと器用に大縄を跳んだ。     この学校にひとりの知人もなければ、先入観もなく、五感を張り詰めた転校生にとって、鮮烈な第一印象だった。



一年後の秋は運動会のシーズン。   ブラスバンド部顧問の先生、”鬼の徳さん”が私の傍に来て、「こんどのバトン役の高井って子、ほんまに勘のいい子やなあ! のみこみが早い!」  とだけ言って去った。  運動会の入退場行進の演奏を受け持つブラバンをバトンを操りながら指揮し先導するのがバトン役。  実は前年のその役は私だったのだ。  幼い頃からのピアノのせいか、転校してきたその日に徳さんに呼ばれ 「明日からブラスバンド部の練習に来るように」申し渡された。  運動会時にはまだ楽器ができなかったのでバトン役になったのだが、それはもう四苦八苦。 何度徳さんの首をかしげさせたことだろう。  桂子さんを得たこの年の徳さんは、上機嫌だったなあ。


柏中から八尾高に進む女生徒は多くない。中高通じて桂子さんとは一度も同じクラスにならなかったが同じ中学出身というご縁で顔が会えば声をかけあうぐらいは・・・しかしこの時期の私はどうしようもなくうちのめされていた。  柏原中学卒業の日は、同時に父の告別式が執り行われた日でもあった。     大好きな大好きな私のお父ちゃん。  ある日掻き消すようにこの世からいなくなり、以来どんなに呼べど叫べど応えてくれる父はない。この冷厳な事実に耐えるすべを知らない15歳の少女だった。





後年長男に恵まれ、母として生命の誕生を実感した時、始めて認めることができたろうか。
逝く人あれば、こうして来る子もある、、、それが生命の輪なのだと。


ともあれ高校時代の私は何物も受け入れられず、当然成績はがた落ち。
でもどうすればよかったのだろう?


一方、桂子さんは輝いていた。   伊藤整作『典子の生き方』の読書感想文で最高賞を得、全校集会で表彰されたこと。みなさんご記憶ですか?
八尾高新聞に掲載された感想文を読みながら、安易に周囲になびかず、自覚的意思的に生きる娘典子と桂子さんがだぶってみえたものだった。  三年通して生物部に在籍し、蟻の生態の観察記録の細心さなど、さすがに桂子さんだったなあ。


二年生春。「 同じクラスに太城君がいるの。私あの人と話してみたいと思うんだけど。和美さんはブラバンでいっしょでしょ?」    と桂子さんに声かけられたのだが、二人並らんだ姿を校内で見かけるようになったのは間もなくのことだったし、三年春の九州修学旅行では常にツーショットだった。
大学受験が近ずく頃には図書室で仲良く勉強する二人が見られた。


「 私大学で心理学かドイツ文学を専攻しようと思ってる。」 「 どうして?」 「太城君のお父さんは心理学教授でしょ。  太城君は阪大医学部を目指してるから…ドイツ語ができたら彼を援けられると思うから。」

二人は出会うべくして出会い、すでにこの頃から二人での人生を設計し、着実に歩みだしていたのだ。      それにしても一途な桂子さんだった。   ある友が賛嘆していた。

「高井さんね、『これ見て』って。 セーラ服の袖口のスナップが又緩くなって付け直したんだって。どんどん痩せていってるみたい。 彼女は骨身を削って勉強してるよ!」


当然ながら桂子さんはめざした大学に合格し、私は…。
その年の初夏、阿倍野近鉄の中で「 和美さ~ん!」と呼び止められた。
学生らしく清楚な桂子さんだった。 「 住所を教えてくれる?」 と言いながら大振りの通学バッグを開けた時、筆箱の蓋をとった時、私はある種の衝撃を覚えずにはいられなかった。
独自の工夫をこらした単語カード、ぴしっと並べられたノート、ちらっと見えただけでも解るものだ。


この人は本気で勉強してる!  気迫を込めてドイツ語に取り組んでいる!
ほとんどの新入生は受験勉強から解放されて羽をのばしている季節だった。


だから桂子さんが、当時の最難関”産経スカラシップ”を獲得してゲッティンゲン大学に留学したというニュースを聞いても「やっぱり」と思いこそすれ驚きはなかった。


なんの折だったか、彼女留学中に太城君と話す機会があった。
「桂子さん元気?」
「 うん元気やけど( やや間を置いて )こんど行く時には二人いっしょに行きたい…って。  ひとりの海外はやっぱりさみしいらしい。」

帰国、勉強を続けながら結婚、三人の子達を生み育て、大学で教え、、、御主人の留学に伴ってのアメリカ、よかったね今度はいっしょで。   以来学会を兼ねての二人の海外旅行は何度になったかしら?


20代、30代、40代、、、壮年期はそれぞれに忙しく顔を合わせる機会もなかったけれど、三十余年の歳月をおいて再会した時の桂子さんの、なんと柔和で優しかったこと。
夫婦二人で積み上げてきた思いの深さをしのぶにあまりあるものだった。


呼びかけたら「は~い、なあに?」と応えそうな安らかさで永遠の眠りについてしまった桂子さん。      薄紫の和服姿が匂うようでしたよ。
あなたの側で力良さんがおっしゃった。 還暦を迎えても熱いほどの夫婦仲の良さは、私などには奇跡とも思えるけれど、麻酔科医師として長年ぎりぎりの命の現場に立ち会ってきた人の覚悟だったのですね。

「 いつ別れが来ても悔いないよう、僕は桂子のことを精一杯愛し、大切にしてきました。桂子もまたよく僕の気持ちに応え、こころをこめて尽くしてくれました。」と。



あれだけの列席者を前に、あらためて妻への感謝と愛を述べる力良さん。
12月4日最後になってしまったランチ会の時、「八尾高は私と力良さんを巡り会わせてくれた場所。 だから私にはとっても大切なところよ。」と微笑んだ桂子さん。
本当にしあわせそうで、、、とってもかわいい ”桂子ちゃん”でした。



この日帰宅してから私はこんなメールを桂子さんに送っています。
「すてきな友人と共にゆっくりフレンチとおしゃべりを楽しむことができて、とても幸せでした。 トンコは明日横浜に戻るとか…    (中略)
それから、くれぐれも無理をしないで。
本当にうれしい、でもごくろうさまでもあった今年の秋。
この冬はどうぞ身体を休めて、ゆっくりすごして下さい。

『ナカガワ』で座っていらっしゃる時はそう思わなかったけれど、外に出た時、桂子さんのきゃしゃな足がいかにもか細くはかなげで、、、。
だから桂子さんがおいしそうにランチをたいらげたことが、とってもうれしかった。
その調子でもう少し体力をつけるのですよ。
      どうぞいい週末を。  力良さんとごいっしょにね。」



桂子さん、あなたらしくいっぱいいっぱいに生ききった60年だったね。
今は桂子ちゃんになって、いつも力良さんの胸の中にすっぽり包まれているのですよ。


          3月5日
 

悲しいです。

 投稿者:横手由子メール  投稿日:2008年 2月29日(金)23時58分11秒
編集済
  私にはいつもいつも大きな心で受け入れてくださった桂子さんでした。
これからもいろいろ相談したいこと 教えていただくことあったのに~
無念でなりません。

力良さん 大丈夫かな?
「力良は子供達3人で守っていきます。」って~
桂子さん 安心してね。

ご冥福をお祈りいたします。

http://blogs.yahoo.co.jp/ran_urano

 

訃報

 投稿者:藤原 準二メール  投稿日:2008年 2月29日(金)11時48分39秒
  八尾高18期同窓会幹事各位

先ほど、横手由子さんから連絡がありました。
残念なお知らせをしなければなりません。
同級の太城桂子さんが昨日急逝されました。
原因についてはお聞きしておりませんが、取り急ぎご連絡申し上げます。
昨年の同窓会を故人と一緒にお世話した人を中心にご連絡いたします。
その他に、ご連絡する方がありましたら、各自でよろしくお願い致します。


平成20年2月29日
八尾高18期卒業生 各位



訃  報


 八尾高第18期卒業生の皆さんに、誠に残念なお知らせをしなければなりません。
太城(旧姓・高井)桂子様には、誠に残念ながら、昨28日急逝されました。
 謹んで哀悼の意を表するとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
追って、通夜・告別式は下記の通り執り行われます。


              記
1.日時
     通 夜 平成20年2月29日(金)午後7時より
     告別式 平成20年3月 1日(土)正午~午後一時まで

1.場所  メモリアル成就(じょうじゅ)藤井寺式場
        藤井寺市北岡2-190-8
        (最寄り駅・近鉄南大阪線藤井寺駅下車、北へ徒歩約5分)
          電話 072-931-0212
         (通夜・告別式とも)

1.喪主  太城力良(たしろちから)氏

  なお、香典・供花は、故人の遺志によりご辞退されています。
                                  以上

                      発信人 藤 原 準 二
                                            電話 06(6721)6614
                      携帯 090(7874)1076

 追伸)本当に急で残念なこと故、取り紛れておりまして、送信先は先日の同窓会を
   故人と一緒にお世話した幹事を中心にお送りいたします。なお、各人で連絡して
   あげたい先がございましたら、重複する可能性もありますが、ご連絡、よろしく
   お願い致します。
 

見たよ!

 投稿者:藤原 準二メール  投稿日:2008年 2月13日(水)17時02分19秒
  9-11日の連休にDVDのチェックを楽しみにしていたのに、いざ、パソコンで!と、立ち上げてみると、我が家のXP、買ったのがはしりの頃だったので、DVDのソフトが搭載されてない....。我が家にはDVDプレーヤーなるものもないのです。テレビ受信はケーブルテレビなので、録画はハードディスクに落とすタイプ。
仕方なく、車で3分の勤務先の樟蔭まで出かけて行ってチェックしてきました。
さすが本職、うまく出来てましたねえ。でも、うまく出来ているからといって、こんなのは『玄人ハダシ』とは言わないんでしょうね。

 栞など、当時のグッズも取り入れていただいて、そういえばこんなのあったなあ、と懐かしく拝見しました。
 これに類する話しですが、我が家で最近、八尾高時代の生徒名簿が出てきました。時代を感じさせるのは、その名簿にある電話番号です。電話がある家も少ないのですが、電話番号を書いてある家の何軒かに一軒は、電話番号の前に「呼」を○で囲んだものが付いています。恐らくお隣の電話を拝借されていた方でしょう。

 話しが戻りますが、お許しを頂いて、ひとつだけ言わせていただくなら、写真を挿んだ所は、もう少し時間をとっていただけたらと思いました。前回の同窓会の写真など、何人かまとまって写っているものは、しっかりと見る時間がないのです。
アーッ!8組の集合写真、山本(広瀬)久子さんがいなかったことに気がついて、折角撮り直してもらったのに、またもや写っていない人が...。 撮り直してもらった写真に、今度は金谷直之が写っていない。
他のクラスの人は全員写っているんでしょうか?
 まあ、一人写っていなくてもじっくり見ないと気がつかないくらい、大勢の人が集まったことを、喜ばないといけないのでしょうか?

 しかし、前回の同窓会の頃に比べると、技術革新には驚かされます。すごいデータ量の円盤が普通郵便で送れるようになったんですから。今度全員集合の頃にはどんなすごいものが出来ているんでしょうね。
 

ありがとう!

 投稿者:飯野俊子  投稿日:2008年 2月 9日(土)21時53分27秒
  ようやく、DVDをゆっくりと見れました。
ありがとう。みんないい顔してますね。本当にはじけました。
河津君、編集、とっても素晴らしい。BGMもいい。
道で会っても知らない人で通りそうなのに、同窓会って、本当に不思議。
また、再会の機会が持てますように。
 

お礼とご報告

 投稿者:藤原 準二メール  投稿日:2008年 2月 7日(木)09時40分44秒
  河津さん
お世話をお掛けし、ありがとうございました。
次の連休中にゆっくりと見せていただくことにします。
今朝、藤井先生のご子息隆氏(八尾高21期)から、メールをいただきました。
皆さんにもお伝えしたいことがありますので、以下にご披露させていただきます。

(本文抜粋)
寒中お見舞い申し上げます。
母、美智子の通夜・葬儀におきまして本当にありがとうございました。父も、その後
風邪を引いて不調を訴えておりましたが、何とか元気になってまいりました。
 2月9日(土)に満中陰を迎える運びになりました。お参り頂いた八尾高18期の
皆様には大変お世話になり、ささやかな粗供養をお送りしたく思っているのですが、
以下の方のご住所がどうしても判明しません。メールで失礼とは存じますが、
最近引っ越されたであろう方のご住所もお教えいただきたく、お願いする次第です。
お忙しい中とは存じますが、ご協力のほどお願い致します。
(中略)
河津睦彦さんから同窓会のDVDをお送りいただきました。体調が悪い中での母の最期の
同窓会への出席の決意に迷いはありませんでした。そして本当に喜んでおりましたこと
を、再度皆さんにもお伝えいただきたく存じます。本当にありがとうございました。
最後になりましたが、みなさんのご健康とご活躍を祈念しております。
                 合掌              藤井 隆
 

岡田君一番~

 投稿者:横手由子メール  投稿日:2008年 2月 7日(木)01時05分26秒
編集済
  岡田君 一番の書き込みありがとう!
みんな見て余韻に浸ってる?
DVD見てそれだけにしないでね。
こんなすばらしいDVD作れるの18期だけだと思いませんか?
河津君に改めて感謝 感謝です。
ごくろうさまでした~
ビデオ撮ってくれた松村君~ ありがとうね。
映像なかったらDVDなかったよね。

私当日舞い上がっていて
本当は参加してくださった皆様ひとりひとりと
お話しながらツーショット写真撮ればよかったと反省してます。
余裕がなくってごめんなさい。
そんな由子です。

でもみんな楽しそうよね。
みんなの笑顔~ それ見てるだけでHAPPY~

このDVDはみんなで見るほうが盛り上がるのかな?

二番は誰? コメント待ってるね。

http://blogs.yahoo.co.jp/ran_urano

 

河津さん、ありがとう!

 投稿者:岡田 秀夫メール  投稿日:2008年 2月 6日(水)23時31分56秒
  1組の岡田です。
河津さん、本当にありがとうございます。DVDは大作ですね。感激です。
このようなことは、なかなか出来ないことですよね。
当日の臨場感が伝わってきます。ほんと、感謝いたします。
ありがとう!
まずは、取り急ぎ、お礼申し上げます。
 

届きました~♪

 投稿者:横手由子メール  投稿日:2008年 2月 6日(水)22時03分44秒
  河津君 ありがとう!
こんなに早く届くと思ってなかった~
今テレビで流して余韻に浸ってます。
みんなのコメント楽しみだね。
ほんとうにありがとう♪
気持ちは形に表さないと、、、、、、

http://blogs.yahoo.co.jp/ran_urano

 

お疲れ様で~す。

 投稿者:横手由子メール  投稿日:2008年 2月 6日(水)11時00分27秒
  河津君 お疲れ様~
ありがとうね。
慰労会しなければね。
みんな楽しみに待ってると思いますよ。
見たら感想のコメント入れますね。

http://blogs.yahoo.co.jp/ran_urano

 

DOSOKAIVideo発送しました

 投稿者:kawazuですメール  投稿日:2008年 2月 6日(水)00時52分25秒
  河津です
2008年もあっという間に2月・・早いですねええ・・・
皆様、いかがお過ごしでしょうか??

さて先にご案内いたしました
DOSOKAIビデオやっとですが・・・
本日2月5日(火曜)
参加いただいた皆様にお送りいたしました。
代表幹事の児玉さんの挨拶文も同送しております。

今週中には届くと思います。
お暇なときにでもごらんいただければ幸いです

なお破損やトラブルなどVideoがかからない時は
ご遠慮なくご連絡ください。

素材不足もあり
お見苦しいところもあるかと思いますが・・・
よろしければ感想など投稿お願いです^^

参加者名簿をVideoにも掲載いたしましたが見にくいので
幹事の皆さんには参加者名簿を別途メールいたします。
参加者の方の連絡先など再確認される場合は
クラス毎の幹事さんあてご連絡ください。

最後に
まだまだ寒い時期が続きますのでお体ご自愛ください。
 

いいなぁ~

 投稿者:横手由子メール  投稿日:2008年 2月 4日(月)18時39分16秒
  9組クラス会決定したんですね。
いいなぁ~
まだこの間のDOSOKAIの余韻があるんですね。
『KENZO』私も昔行った事があるけど お元気で続けていっらしゃるのね。
行かねば~ 誰かご一緒してください。

http://blogs.yahoo.co.jp/ran_urano

 

レンタル掲示板
/11