teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:121/308 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

9組のクラス同窓会の報告です。

 投稿者:青木寿男メール  投稿日:2008年 5月30日(金)22時44分46秒
  通報
  5月の25日(日)、懸念していた雨も朝の内にあがったさわやかな日に9組のクラス同窓会を八尾の料亭「山徳」にて行いました。
当日の参加者は女性が6名。男性は9名でした。
担任であった前川ロング先生は残念ながらすでに故人となっておられ、思い出を語り偲ばせていただきました。

今回の話の発端は、やはり昨年12月のDOSOKAIでした。
「是非また集まりたいね。学年同窓会もいいけれど今度はクラスでもやりましょう・・・。」恐らくそのときは参加者の全員がそう思ったことでしょう。
9組にとって幸いなことに今回幹事を務めてくださったグループが卒業以来、毎年顔を合わせておられ「じゃあ私たちが中心になって企画しましょう」と即決したことです。そしてそのグループの方々を中心に幹事が決まり、呼びかけから運営までやっていただきました。

さて当日、時間となり参加者が次々と会場に入ってこられます。
「やあ!!○○君、えらい太ったなあ。」「○○さん、相変わらずお美しい!!」と叫び、はたまた隣の人に小声で「今入ってきたベージュのブレザーの人・・・誰?」「ん?・・・分からん」と囁き合ったり。
格調の高いお料理を頂きながら、各自近況報告を行いました。それぞれに充実した歩みをされていることにお互いにうれしく思ったり、うらやましく思ったりいたしました。もちろん人に言えない挫折や苦悩もいくつもあったことでしょうが、それらを乗り越えた年輪を感じさせる風格にお互いに時の流れを実感いたしました。
その後母校に行き、当時から様相を一変したキャンパスと同窓記念会館の展示物を見学して、予定のスケジュールは終了いたしました。しかし別れがたい気持ちが強く、さらに近鉄八尾駅の喫茶店でしばしオシャベリをしました。

いずれにしても“同窓会に出席できる“ということは”恵まれた状況にある“からこそ可能であり、そのことにもお互いに感謝しながら現実の世界に戻って行きました。

参加者(敬称略・すべて旧姓・*印は幹事さん)
浅生峰子・*大橋和美・小椋美起子・桑田禎子・*末吉多鶴子・
村上由美子・*辻本陽子・*井村寿男・岡田秀雄・近藤憲治・
末次憲行・*竹本昌保・*辻尾伸賢・*戸川和明・*中西全宏・
中村 彰

なお井村は幹事でありながら、打ち合わせに行ったのは試食の時だけであり、その上、当日何の役にも立たなかったため、ペナルティとしてこのリポートを投稿いたしました。

また9組は“毎年一回の開催”を決定いたしました。他のクラスの皆さんも負けずに是非開催してください。
 
 
》記事一覧表示

新着順:121/308 《前のページ | 次のページ》
/308