teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


これです

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月13日(火)19時32分23秒
返信・引用
  SCHOEPSのリンクです。

http://www.schoepsclassics.de/1959_cm60.htm

 
 

RE:PZMの中古発見

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月13日(火)19時29分32秒
返信・引用 編集済
  そのボロいやつはNGです。
ケーブルの補修のしかたが雑だし、そこ以外のあちこちが傷んでいそうです。
100ユーロでも高すぎる。

SCHOEPSは正真正銘CM64tubeなんですね。
売ったらいい値がつくでしょう。

マイクロフォンスタンドは、画像がちょっとボケてますがこういうのがベストです。

 

PZMの中古発見

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月13日(火)18時25分20秒
返信・引用
  eBayのオークションでなくて広告欄の方にPZM6RとPZM6Dを一本ずつ出品しているのを発見したんですがどうもあやしくて、マイクロフォンカプセルからの線を一度ちょん切っているように見えるんですが、これってやはりNGでしょうか?(写真を参照)
値段はそれぞれ230ユーロ(日本円で約3万円)ですが交渉可能とのこと。あと6Rというのは6Dとは別物でしょうか?
SCHOEPSのCM64ですが、古いもので、教会の神父さんが壊れてるからと友人にくれたそうです。それを私が無償で修理してあげたら、(電源部はセレン整流器と電解コンデンサーが全部だめになっておりマイク増幅部はいくつかのカーボン抵抗がオープンになっていました。)いつでも使っていいと言ってくれたのです。
増幅はEF94(6AU6)三結一段のみ。真空管は私のNeuberger370でチェックしましたが100%のエミッションで、恐らく50年以上そのままだったはずなので、大変驚きました。
カプセルにはNIEREとありこれは単一指向性だと思います。
スタンドは友達が持ってますがそれが適切なものかどうかわかりません。下に似たようなものの写真を入れましたがごく普通のです。それではだめならこの際買ってもいいと思っています。
 

オン・オフ

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月13日(火)17時53分52秒
返信・引用
  オンマイクは奏者の近く、オフマイクは遠くです。
近いと楽器の大きさを感じられてリアルさが増しますが、ホールの響きは少なめになります。
遠いと楽器が小さくなった感じがして、ホールの響きの比率が大きくなります。

 

RE:なんと

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月13日(火)17時26分46秒
返信・引用 編集済
  全く奇遇ですね。
昨年秋、Hedenborg Trioがサントリーホールでデビューした後、洋さんがしばらく滞在するというのでピアノリサイタルを企画したのですが、超満員になった後で戸田さんから「どうしても来たいという方がいらっしゃるのでなんとかして!」と言われて、その方が木村洋子先生だったのです。
お元気そうで、周囲が明るくなるオーラがある方でしたよ。
ザルツブルクからミュンヘンに通っていた頃の苦労話は詳しくお聞きしています。先生には親子ともどもお世話になったとか。

サウンドハウスも在庫は持っていなくて取り寄せになるので、いつ入るのかわかりません。在庫があるのならこっちで買ってお送りするんですけれども。もっとも、過去に何度かフランクフルトの税関にイジワルされているのでドイツに送るのはちょっと気が重いんですが。
SCHOEPSのCM64というのは、MK4カプセル付きのことでしょうか。それだったらC414との2本構成も可能です。とても贅沢な異種混合。ただ、適当なマイクスタンドを用意しなければなりません。
 

なんと

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月13日(火)14時23分50秒
返信・引用
  木村先生にお会いになられましたか。お元気でしたか?
ミュンヘン補習校の黄金時代を築き上げた方です。
確か洋君が小学校の5年生に上がるころに日本にお帰りになったはずです。とても懐かしいです。
戸田さんは当時ミュンヘン補習校のなかで最も遠方(ザルツブルク)から通学なさっていた方だと思います。お母様のご苦労も並み大抵ではなかったはずです。
そうでしたか。直樹君にPZM6Dをとられましたか。しかしドイツもÖsterreichもたぶん似たような感じだと思うんですが、PZMが売ってないんです。
ドイツで日本のサウンドハウスに相当するのがTHOMANNというお店ですが、そこにも置いてなくて、ほかのGrenzflächenmikrofon(PZMのドイツ語)はあることにはあるのですが、どれも単一指向性。PZM6Dの特性であるHalbkugel(というドイツ語は直訳すると「半球」ですがこれは半無指向性とでもなるんでしょうか。)タイプが抜け落ちててないんです。
そしてやっと見つけたと思ったらあの値段・・・いまもめげずに中古の出物がないかさがしまわってますが、タイムリミットがあるのである程度探してなければ新品を調達することにいたします。
すいません全くの初心者なんでオン・オフよくわからないのですが、オンは音源に近いことでオフは音源から遠いということですよね。
 

ミュンヘンの日本語補習学校

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月13日(火)08時12分14秒
返信・引用 編集済
  わ、びっくり?!そんなご縁があったとは。
去年、戸田さんに紹介されて僕はその時の校長先生にお会いしたかも。
たしか、洋子先生。

それから、僕のPZM6Dを奪ったのはその直樹氏です(笑)。彼が自分のチェロの音を録ってみてOKを出したのですから、十分ではないかと。
下の画像の位置だとオフ気味になりましたから、もう少しオンマイクの方がいいでしょう。
直樹さんは、丁寧語や尊敬語がしっかりした品の良い日本語を話されるので、どこで習ったの?と聞いたことがあります。そしたら、日本語補習学校のおかげだという返事でした。
 

なるほど

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月13日(火)02時38分8秒
返信・引用
  >本体=キャノン・オスをレコーダーに差し込んでいる。
この部分の意味が理解できました。6Dで行こうと思います。XLRケーブル高いですから・・・
ところで私事ですが、その昔私がミュンヘンの日本語補習校で中学部の教師をしていた時に、戸田さんとこの直樹君と洋君が通ってきてました。なぜか一度も担任だったことはないんです。直樹君が中学部を卒業した時に私がちょうど入り、洋君が小学校を卒業した時に学校を辞めたので・・・
 

形が違うだけのようです

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月13日(火)02時22分53秒
返信・引用
  6Dのいいところは、ケーブルと一体なので、最低限マイクロフォンとレコーダーだけあれば足りることです。

 

同じもの

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月13日(火)02時14分14秒
返信・引用
  ということでしょうか。要するにマイクの形状の違いのみで、ホールの広さ云々は関係ないという理解でよろしいでしょうか?
6Dだと、確かにケーブルが細いと上からガムテープで床に張り付ければ、ひっかけて転んだりするのを防げるかもしれませんね。そしてより目立たなくできる?
 

C-Dur

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月13日(火)02時02分47秒
返信・引用 編集済
  素直で開放的。
D-Durは、陽気でウキウキ気分。

6Dは、本体が小さく、そこから出た5mくらいの細いケーブルの先に円筒形のアンプ部があり、そこにキャノンコネクタ。ヴァイオリンとパリの画像。本体=キャノン・オスをレコーダーに差し込んでいる。

30Dは、本体内にアンプ部とキャノンコネクタがあるので大きい。最初のピアノの画像。普通のキャノンケーブルでつないでいる。

 

Bizetの交響曲第一番

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月13日(火)01時54分7秒
返信・引用
  は私も大好きです!明るくてすがすがしくて。そして何よりハ長調なのがドンピシャの曲です。けだし名曲ですね。  

しかたなく

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月13日(火)01時50分19秒
返信・引用
  腹をくくることにいたします・・・
ちなみにそこのお店はPZM30D、PZM6Dどちらも同じ値段でした。
PZM30DかPZM6Dのどちらがいいかを選ぶポイントというのはあるのでしょうか?
録音を録りたいと思っているホールは先のぺるけ様の例に出てきたパリの屋根裏風の(3つ目の写真)にあるようなかんじで100人くらいはいります。
舞台にステージはありません。客席と同じ高さです。
 

手に入れてしまえば

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月13日(火)01時39分42秒
返信・引用 編集済
  お金のことは忘れるもんです。


今、ORF Ö1のアーカイブでMozartwoche 2018を聞いているところ。ウィーンフィルにしては珍しいBizetの交響曲第一番、好きな曲。
 

しかしドイツには

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月13日(火)01時12分33秒
返信・引用
  発送してくれない、ですよね。こんなことになるなら去年夏日本への一時帰国にあわせて勉強しておけばよかったです。いまやっと1件見つけたんですがPMZ6Dが1本465ユーロ、日本円で約6万2千円也。2本買ってぎりぎり予算内ですが日本で1本4万円弱で買えるのに、と思うとくやしいです。  

PZM

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月13日(火)00時49分27秒
返信・引用 編集済
  超有名店のここにありますよ。
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/200631/


 

Re: バウンダリ PZM

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月13日(火)00時32分52秒
返信・引用
  お話に出てくるSCHOEPSの可変指向性、ゼンハイザーやノイマンのマイクはちょっと手がとどきません。雲の上の話、という感じです。またもっていてもいきなりすぐには使いこなせないと思います。それとどうも日本の方がドイツより(私はドイツに住んでいます)お値段がお得なような気がするんですが・・・たとえばAKGC414XLSだと一番安くても700ユーロします。MKH8020だと1300ユーロ。なんか損した気分です。まあどうせ買えないのでいっしょですが。
問題は、PZMマイクが売ってない、ということです。さんざん探したんですがどうもドイツには入ってきてないのかeBay、THOMANN等あちこち見てるんですがないんです。どうしたものか頭を抱えているところです。
 

無指向性マイクロフォン

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月13日(火)00時12分9秒
返信・引用 編集済
  小型スモールダイヤフラムの定番はSCHOEPS(可変指向性)ですが高価です。
次いでよく見るのがDPA、これも高価です。
次点として、SENNHEISER MKH-8020でSHOEPSやDPAの半額ですが、それでも2本で25万円。
日本では入手困難ですがNEUMANN KM131というのもあります(私の愛用)。

ラージダイヤフラムの定番というと、NEUMANN U87、U67やAKG C414系などです。
どちらも可変指向性なので融通がききますが、NEUMANNがバカでかいし、AKGも小さくはない。

これらのマイクロフォンはお安くないですが、欲しい人はたくさんいてオークションに出せば必ず売れるので、気に入らなかったらオークションで換金すればいいです。良いマイクロフォンは古いモデルでも価値は下がりません。

レコーダーは出品が多い上に、ある意味消耗機材、世代交代&低価格化も激しいのでオークションに出しても二束三文です。

 

Re: バウンダリ PZM

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月12日(月)23時18分9秒
返信・引用 編集済
  クラシックのコンサートのマイキングで少ない本数でやりくりする場合、状況ごとに大きく分けて3つほどあります。

(1)中~大編成のオケで、中ホール以上では面積のある音源を捉えなければならないので3点吊になります。ステージ前に立てると前の方の楽器ばかり大きく拾ってしまいます。

(2)小人数の室内楽で、中ホール以上で3点吊にすると、音が遠い、音像が小さい、音がセンターに集まって臨場感・ステレオ感がない、となってしまうので、客席側から中くらいのストレートスタンドを使って低めのマイクロフォンを立てます。ステージが広いならばバウンダリも置けますが、奏者がステージの前ぎりぎりだとバウンダリを置くことはできません。

(3)小人数~中程度の合奏団で、演奏者と客席の高さが同じサロン形式のホールでは、3点吊なんてありませんし、マイクロフォンを立てると邪魔なので、バウンダリが威力を発揮します。バウンダリでないマイクの時は、低いストレートスタンドを使って低い位置で録ります。さきに添付した2つの画像はどちらも高いステージがない環境です。

どんな条件でもカバーできるためには、バウンダリでないこと、無指向性(可変指向性)であること、あまり大きくないことになります。そういうマイクロフォンというとSCHOEPS、DPA、NEUMANNがありますがいれもお値段が・・・・。少々大きいですがC414はそんなに高くないし、可変指向性で便利、3点吊もOK、音はまともで持っていて損はないのでおすすめしたわけです。バウンダリのPZMは格安なのに音がまとも、スタンドいらずなので、使用する条件が許すならばアリでしょう。ただ、PZMを使いこなしている人は少ないみたいで、私がこれをメインマイクで使うとみんな驚きます。

アマチュアの多くはステレオ録音というと必ずといっていいいくらい単一指向性マイク×2本を買い、無指向性を買う人はまずいませんから製品を出しても売れません。クラシックを録るプロは無指向性を必ず持っていますが、安いマイクは買いませんから、無指向性マイクはどれも10万円~40万円します。それでマーケットが成り立っている感じがします。

この掲示板で質問された以上、CDソースのレベルの可能性を視野に入れたいので、無理を承知で高価なマイクロフォンを挙げています。
 

Re: バウンダリ PZM

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月12日(月)20時53分48秒
返信・引用
  ぺるけ様、このような貴重なノウハウを惜しげもなくご教授いただきありがとうございます。C414所有の知人に聞いたら、「ああ、あれか。俺はよく知らんけどあれって打楽器用じゃなかったっけ?」というそっけない反応でした。で、ずばりお聞きしたいのですが、いっそのことC414を1本買うお金でいきなりPZMマイク2本買ってしまうというのはありでしょうか?  

レンタル掲示板
/154