teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: マルチトラック・フィールド・レコーダー

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月16日(金)14時16分2秒
返信・引用
  日本製だったんですね。
同梱の説明書は英独仏だけだったので日本語版をダウンロードしました。
今うちにあるSDカードはろくなものがないので今日これから買いに行きます。
2トラックなら128GBでもそこそこの時間録れると思ったんですがどうなんでしょうか?あと同じSDカード2枚どうしても必要でしょうか?(片方にエラーがあったときもう片方が云々の箇所は読んだんですが、スロット2が空でもかまわないんでしょうか?)


 
 

Re: マルチトラック・フィールド・レコーダー

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月16日(金)00時10分10秒
返信・引用 編集済
  そんな感じです。
これはZOOM F4の取説にある図ですが、基本は私の図と同じで、左下に再生元が書き加えられています。
この構造と信号の流れを体で覚えてしまえば、どんなデジタル録音システムでもすぐに理解して使いこなせるようになります。

手のひらにのる小さな機器に、これだけのものが詰まっています。
しかも、中を開けるとスペースの大半はバッテリーとコネクタが占拠しているんです。




 

Re: マルチトラック・フィールド・レコーダー

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月15日(木)23時15分49秒
返信・引用
  詳細な図までつけていただきありがとうございます。
よく理解できました。
>この図には書き入れていませんが、録音したものを本機で再生する場合は、各トラックをミキサーでMIXすることになるので、フェーダーとPANが有効に機能します。つまり、録音の時にモニターしたのと全く同じものを聞くことができます。
再生時はこんなイメージでしょうか
 

Re: マルチトラック・フィールド・レコーダー

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月15日(木)22時22分2秒
返信・引用 編集済
 
はい、マイク2本でも、ヘッドホンなどでモニターするのに各トラックを左右どっちに振るのか決めてやらないと、デフォルトのセンター=モノラルになります。

--------------------------------------------------------------

右図はデジタルレコーダーの基本的なダイヤグラムです。
F4などPCを使わないタイプでも、RMEなどのPCと組み合わせて使うタイプでも、基本的な構造は変わりません。

マイクやライン入力は、リミッタやハイ・パス・フィルタと入力レベル調整(TRIM)を経て、トラックごとに直接にメモリやハードディスクに記録(録音)されます。
入力された生の音を、ほとんど未加工のまま記録してしまい、仕上げは後日PCで行うという考え方です。

録音中の各トラックの信号は、フェーダーで音量バランスを整えてからミキサーで暫定的にステレオ(2CH)にまとめられます。
その時、各トラックを左右チャネルのどのあたりにポジションさせるかPANで決めてやります。
たとえば、チェロ協奏曲を2本のメインマイク(Track1、Track2)と1本のソロ用マイク(Track3)で録音しようとした場合は、PANを使ってTrack1=L100%、Track2=R100%、Track3=Centerに振ってやります。%の値を中間にすれば、左右の途中の位置に動きます。

--------------------------------------------------------------

この図には書き入れていませんが、F4で録音したものをF4で再生する場合は、各トラックをミキサーでMIXすることになるので、フェーダーとPANが有効に機能します。つまり、録音の時にモニターしたのと全く同じ状態で聞くことができます。

--------------------------------------------------------------

下の画像はZOOM F4の兄弟分のF8の画面です(クリックで拡大)。

右側の8つの機械式ツマミは、右図でいうTRIMです。
左側の画面の中のFaderは、ミキサー側のフェーダーです。
Track1の設定を開いているところですが、PAN=L100%となっているのがわかると思います。

F4の取り扱い説明書にも、右の図のようなものがありますから、比べてみてください。
F4はこの図よりももっと多機能かつ複雑なルーティングができますが、それをやると頭がこんがらがるのでルーティングは購入時のままとしていじらないのが賢明です。
 

Re: マルチトラック・フィールド・レコーダー

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月15日(木)20時43分41秒
返信・引用
  > No.3337[元記事へ]

ぺるけさんへのお返事です。

なんとお礼を申し上げたらいいか。
こんなにわかりやすい超入門手引きはありません!
一つ質問があります。

> (4)ミキサーも内臓しています。4つのトラックを録音する場合、それを適当に2チャネルにミックスしないとヘッドホンなどでモニターできないからです。ZOOM F4は、独立した4つのトラックだけでなく、ミックスした2チャネルも同時に記録できたと思います。
> PANというのは、以下に述べるミキサーに送るときの左右の振り分けバランスです。初期設定はセンターのはずなので、このまま使うとヘッドホンでモニターした時、ステレオにならずにすべてセンターに位置したモノラル(50%/50%)になります。そこで、右マイクの音は右端100%に、左マイクの音は左端100%になるように変更しておきます。なお、この設定は録音には反映されません。

という箇所ですが、マイク2つだけ(つまり2トラック録音)の場合でも、PANの設定をそれぞれ左右に100%振り、ミキサーに送るということですか。それともマイク2つの時はミキサーは必要ないのでしょうか?
 

マルチトラック・フィールド・レコーダー

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月15日(木)19時45分21秒
返信・引用 編集済
  マルチチャネルのデジタルレコーディングに慣れていないと、最初のうちは相当に戸惑うと思いますので、最初に知っておくべき基本的なことを書いておきます。

(1)デジタルレコーダーは、入力されたオーディオ信号をそのまま別個のトラックとして記録(録音)します。デジタル録音では、立てたマイクロフォンの数のトラックを別個に録音しておき、後日、PC上でAudaciy(最もポピュラーなフリーソフト)などの編集ソフトを使って各トラックをミックス&編集しますから、録音時には音はいじらないのです。以下に説明するミキサーを操作してもそれは録音には反映されません。

(2)前面パネルのボタンを押してLEDが点灯したトラックだけが録音されます。1と2を押せば2トラックになり、1~4全部押すと4トラックで録音されます。録音されたデータファイルは、1つのファイルにすべてのトラックを入れて記録する方法と、トラックごとに別個のファイルに分けて記録する方法とがあり、設定で選ぶことができます。ファイルを分けて録音しておいた方が、後日、左右のバランスを会わせるのが楽です。1つのファイルに記録してしまうと、そのままでは各トラックの音量を変えることができません。

(3)各トラックのボタンを押すと、トラックごとの細かい設定画面が出ると思います。コンデンサマイクはマイクケーブルから電源も供給します。これをファンタム電源といい、ON/OFFのスイッチがあります。フィルタ(HPF)がついていますが通常はOFFです。リミッタはONにしておいた方が安全です。

(4)ミキサーも内臓しています。4つのトラックを録音する場合、それを適当に2チャネルにミックスしないとヘッドホンなどでモニターできないからです。ZOOM F4は、独立した4つのトラックだけでなく、ミックスした2チャネルも同時に記録できたと思います。
PANというのは、以下に述べるミキサーに送るときの左右の振り分けバランスです。初期設定はセンターのはずなので、このまま使うとヘッドホンでモニターした時、ステレオにならずにすべてセンターに位置したモノラル(50%/50%)になります。そこで、右マイクの音は右端100%に、左マイクの音は左端100%になるように変更しておきます。なお、この設定は録音には反映されません。

(5)各トラックごとに音量調整が2種類ついています。
前面パネルのツマミは、マイクロフォンから入ってきたオーディオ信号を大きすぎず、小さすぎずの音量に調整するためのものです。曲の最大音量の時に、LEDメーターで6~10dBの余裕ができるくらいが良いです。最大ポイントを超えることはできず波形は激しく歪みます。
液晶画面中にある音量調整は、ミキサーに送る音量を調整するためのもので、これをいじっても各トラックに記録される音量は変化しません。
 

Re: 指向性のパターン

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月15日(木)17時05分29秒
返信・引用
  把握しました。ドイツ語でそれぞれKugel(球)、Niere(腎臓)、Acht(8)だそうで、単一指向性が腎臓の形からきているのもその通りでした。
肝心なのは、その指向性のパターンをどう使い分けるのか、というところになるわけですね。
私の想像ですが膨大な経験とノウハウが必要になる部分なのでしょう。
昨日レコーダが届きました。その日まであまり時間がないので今日から操作方法の勉強を始めます。
 

指向性のパターン

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月14日(水)17時26分33秒
返信・引用 編集済
  可変指向性マイクの標準は、無指向性(Omni)、単一指向性(Cardioid)、双指向性(Figure Eight)の3パターンです。C414の現行モデルの5パターンというのは例外もいいとこです。ところで、Niereは腎臓ですから、その形から単一指向性のことでしょうね。

私が調達している電子部品は、注文してから作りますからどれも納期は1ヶ月くらいです。
うちにある家具は国内で作っても納期は2~3ヶ月だったし、オランダに注文したやつは注文後4ヶ月経った頃に「今、船に積んだから・・・」という連絡が来ました。
モノづくりはそれくらいでいいと思っています。


 

AKGへの直訴

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月14日(水)15時21分6秒
返信・引用
  は、無事に受け付けてもらえました。
なんでもAKGの部署がはいっている建物はHARMANのあるミュンヘン・ガルヒングとは別の場所にあるそうで、3日以内にわかるそうです。
しかし待ち時間3カ月というのはいくらプロ用機材とはいえ気の長い話ですね。
いや物を知らないというのは恐ろしいことだと改めて痛感しています。
今週1週間休暇なのでその間にいろいろ揃えて、なんて思ってましたが甘かったです。
いま、ぺるけ様からの様々なアドヴァイスをWORDでひとつにまとめています。
C414の写真ですが上の方は特性は4種類しかありませんが昔の型ですか?
 

C414

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月14日(水)07時59分27秒
返信・引用 編集済
  C414は可変指向性、スイッチを押すだけで無指向性、単一指向性、双指向性に変わります。

サウンドハウスも在庫はなく取り寄せですから、いつ入るかは回答出来ないでしょう。
この種の商品は、プロがたまに買う程度ですから、まーそんなもんです。
別の店でしたが、ノイマンを手に入れた時も在庫がなく、3カ月待ちました。
 

振り出しに

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月14日(水)03時15分2秒
返信・引用
  戻ってしまいました。
あれからネット中探しまわったんですがPZM6Dの中古は例のNG物以外どこにもなく、しかたなく新品2本を注文したんですが、今度は、「WEBの在庫表示にエラーがありました。ご注文の品は現在品切れです。」という無慈悲なメールが届き…いつになったら手に入るのかと聞いたら、最低限3週間くらいだがはっきりしたことはわからないといわれました。もう頭に来ました。
日本だとまずこういう事故は起こらないですよね。
ここでカミさんのお友達の旦那さん(直接面識なし)がJBL/Harmanに勤めていたことを思い出し、AKGも系列会社だからもしやと思って今問い合わせ中です。(こちらではCROWN製品はAKGが販売しています。)
それもダメなときは、とりあえず今回はマイクの購入は見送って、それぞれの友人からAKG C414とSCHOEPSのCM64を借りるという方法があります。
その場合一方は無指向性、もう一方は単一指向性となってしまいますがだいじょうぶなんでしょうか?

 

マイクの間隔

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月13日(火)21時10分20秒
返信・引用
  なんか生えてるみたいでかわいいスタンドですね。上の写真はマイクが離れてますが下の方は2本が一緒になっていますよね。これは下の方がワンポイントでステレオをとるというセッティングなのでしょうか?  

これです

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月13日(火)19時32分23秒
返信・引用
  SCHOEPSのリンクです。

http://www.schoepsclassics.de/1959_cm60.htm

 

RE:PZMの中古発見

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月13日(火)19時29分32秒
返信・引用 編集済
  そのボロいやつはNGです。
ケーブルの補修のしかたが雑だし、そこ以外のあちこちが傷んでいそうです。
100ユーロでも高すぎる。

SCHOEPSは正真正銘CM64tubeなんですね。
売ったらいい値がつくでしょう。

マイクロフォンスタンドは、画像がちょっとボケてますがこういうのがベストです。

 

PZMの中古発見

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月13日(火)18時25分20秒
返信・引用
  eBayのオークションでなくて広告欄の方にPZM6RとPZM6Dを一本ずつ出品しているのを発見したんですがどうもあやしくて、マイクロフォンカプセルからの線を一度ちょん切っているように見えるんですが、これってやはりNGでしょうか?(写真を参照)
値段はそれぞれ230ユーロ(日本円で約3万円)ですが交渉可能とのこと。あと6Rというのは6Dとは別物でしょうか?
SCHOEPSのCM64ですが、古いもので、教会の神父さんが壊れてるからと友人にくれたそうです。それを私が無償で修理してあげたら、(電源部はセレン整流器と電解コンデンサーが全部だめになっておりマイク増幅部はいくつかのカーボン抵抗がオープンになっていました。)いつでも使っていいと言ってくれたのです。
増幅はEF94(6AU6)三結一段のみ。真空管は私のNeuberger370でチェックしましたが100%のエミッションで、恐らく50年以上そのままだったはずなので、大変驚きました。
カプセルにはNIEREとありこれは単一指向性だと思います。
スタンドは友達が持ってますがそれが適切なものかどうかわかりません。下に似たようなものの写真を入れましたがごく普通のです。それではだめならこの際買ってもいいと思っています。
 

オン・オフ

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月13日(火)17時53分52秒
返信・引用
  オンマイクは奏者の近く、オフマイクは遠くです。
近いと楽器の大きさを感じられてリアルさが増しますが、ホールの響きは少なめになります。
遠いと楽器が小さくなった感じがして、ホールの響きの比率が大きくなります。

 

RE:なんと

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月13日(火)17時26分46秒
返信・引用 編集済
  全く奇遇ですね。
昨年秋、Hedenborg Trioがサントリーホールでデビューした後、洋さんがしばらく滞在するというのでピアノリサイタルを企画したのですが、超満員になった後で戸田さんから「どうしても来たいという方がいらっしゃるのでなんとかして!」と言われて、その方が木村洋子先生だったのです。
お元気そうで、周囲が明るくなるオーラがある方でしたよ。
ザルツブルクからミュンヘンに通っていた頃の苦労話は詳しくお聞きしています。先生には親子ともどもお世話になったとか。

サウンドハウスも在庫は持っていなくて取り寄せになるので、いつ入るのかわかりません。在庫があるのならこっちで買ってお送りするんですけれども。もっとも、過去に何度かフランクフルトの税関にイジワルされているのでドイツに送るのはちょっと気が重いんですが。
SCHOEPSのCM64というのは、MK4カプセル付きのことでしょうか。それだったらC414との2本構成も可能です。とても贅沢な異種混合。ただ、適当なマイクスタンドを用意しなければなりません。
 

なんと

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月13日(火)14時23分50秒
返信・引用
  木村先生にお会いになられましたか。お元気でしたか?
ミュンヘン補習校の黄金時代を築き上げた方です。
確か洋君が小学校の5年生に上がるころに日本にお帰りになったはずです。とても懐かしいです。
戸田さんは当時ミュンヘン補習校のなかで最も遠方(ザルツブルク)から通学なさっていた方だと思います。お母様のご苦労も並み大抵ではなかったはずです。
そうでしたか。直樹君にPZM6Dをとられましたか。しかしドイツもÖsterreichもたぶん似たような感じだと思うんですが、PZMが売ってないんです。
ドイツで日本のサウンドハウスに相当するのがTHOMANNというお店ですが、そこにも置いてなくて、ほかのGrenzflächenmikrofon(PZMのドイツ語)はあることにはあるのですが、どれも単一指向性。PZM6Dの特性であるHalbkugel(というドイツ語は直訳すると「半球」ですがこれは半無指向性とでもなるんでしょうか。)タイプが抜け落ちててないんです。
そしてやっと見つけたと思ったらあの値段・・・いまもめげずに中古の出物がないかさがしまわってますが、タイムリミットがあるのである程度探してなければ新品を調達することにいたします。
すいません全くの初心者なんでオン・オフよくわからないのですが、オンは音源に近いことでオフは音源から遠いということですよね。
 

ミュンヘンの日本語補習学校

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 2月13日(火)08時12分14秒
返信・引用 編集済
  わ、びっくり?!そんなご縁があったとは。
去年、戸田さんに紹介されて僕はその時の校長先生にお会いしたかも。
たしか、洋子先生。

それから、僕のPZM6Dを奪ったのはその直樹氏です(笑)。彼が自分のチェロの音を録ってみてOKを出したのですから、十分ではないかと。
下の画像の位置だとオフ気味になりましたから、もう少しオンマイクの方がいいでしょう。
直樹さんは、丁寧語や尊敬語がしっかりした品の良い日本語を話されるので、どこで習ったの?と聞いたことがあります。そしたら、日本語補習学校のおかげだという返事でした。
 

なるほど

 投稿者:SIO  投稿日:2018年 2月13日(火)02時38分8秒
返信・引用
  >本体=キャノン・オスをレコーダーに差し込んでいる。
この部分の意味が理解できました。6Dで行こうと思います。XLRケーブル高いですから・・・
ところで私事ですが、その昔私がミュンヘンの日本語補習校で中学部の教師をしていた時に、戸田さんとこの直樹君と洋君が通ってきてました。なぜか一度も担任だったことはないんです。直樹君が中学部を卒業した時に私がちょうど入り、洋君が小学校を卒業した時に学校を辞めたので・・・
 

レンタル掲示板
/155