teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ルーマニア狂詩曲

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 9月30日(日)22時12分15秒
返信・引用 編集済
 

10/16 JTホールでもほぼこのメンバーでこの曲をやります(頭ツルツルのおじさんは来ない)。
割引チケット、まだ若干持っていますので興味ある方はメールください。

この音を録ったのは3:43に2秒間だけ中央に映るおじさん、トーステン・シュライヤー氏です。
聞き覚えのある姓ですが、彼はドイツのあの有名なテノール歌手のご子息です。
アンサンブル・ラロのCDはすべてトーステンがレコーディングを任されています。

 
 

新旧共存

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2018年 9月28日(金)22時02分42秒
返信・引用 編集済
  先日ヴァイオリンの独奏曲を録音しましたが、近接用としてSCHOEPS CMC65(単一)とNEUMANN M49(単一)を配しました。M49は1950年代の製造なので、両者には70年近い時の隔たりがありますが、古いのも遜色なく使えるのが面白い。
映像の世界ではこうはいかないようですね。機材がどんどん陳腐化だそうです。音のほうはある時期に完成を見たのかな、聴覚をある程度誤魔化せるという点で。映像はまだまだ視覚を誤魔化せるところまで行ってないのでしょうね。

http://enigma6146.exblog.jp

 

なるほど~

 投稿者:1年の200万人の逸材  投稿日:2018年 9月19日(水)12時56分33秒
返信・引用 編集済
  ピアノのマイク位置がいい加減だったのが見抜かれてて驚きです。
ビオラのオンマイクは同じ位置だったんですよ。
次回は吟味してみます。

因みに自分の耳ではまぁまぁ満足していたのですよ。
とは言え、前回聞かせていただいた録音との差も痛感していて奥深く楽しい世界ですね。

率直なご意見ありがとうございました。
 

辛口ですが、率直なところ

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 9月19日(水)11時37分51秒
返信・引用 編集済
  ピアノが巨大なスケール、ヴィオラの楽器が点のように小さくなってしまいましたね。
ピアノ、そこまで低音を拾わなくても、左右に広げなくてもいいんではないかと。
 

相模湖でリハーサル

 投稿者:1年の200万人の逸材  投稿日:2018年 9月18日(火)22時52分52秒
返信・引用
  11日にリハやってきました。

が、事情があってピアニストには交代していただくことになりました。
なので、当初予定の10月6、7は改めて別のピアニストとのリハと無伴奏の録音(練習)に変更。

というわけで、そのときのロマンスを今度は1~3楽章まとめて置いてみました。
https://youtu.be/1vfHujZZSyI

ヴィオラのメインマイクをKM184、ピアノのオンマイクはRodeのNT5を無指向で、
オフマイクはC414-XLIIを同じく無指向です。

ぺるけさんの真似押してオフマイクを通路に持って行ったらノイズが多すぎて断念。
エアコンオフにして気づいたのですがどこもかしこもノイズが多い。
スタジオとは違って致し方ないのかと気づいた次第です。

http://www.op316.com/tubes/balanced/1u-mic-pre2.htm

 

RE:ウインドスクリーン

 投稿者:南野美音  投稿日:2018年 9月 3日(月)18時05分22秒
返信・引用
  結局自分の「音」なのですね、
音色を確認しながら使っていきます。
ありがとうございました。
フサフサ、確かに、子供に触られたこともありましたが、
わたしはノルウェーのかわいいネコのようなので
気に入っています~
 

RE:ウィンドスクリーン

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 9月 3日(月)08時38分51秒
返信・引用 編集済
  ウィンドスクリーンをつけると音が変わるので、重ねればさらに変わるでしょうね。
本来の効果の程度と音の変わり具合の両方との相談で決めたらいいのではないでしょうか。

ZOOMのオプションでしたっけ、じかにフサフサをつけたような。
個人的な好みですが、フサフサは見た目が悪すぎなのと、フサフサをつけるとマイクだと思わずに「なんだろ?」と思って触る人がいるので私はちょっと・・・
 

ウインドスクリーン

 投稿者:南野美音  投稿日:2018年 9月 3日(月)06時38分39秒
返信・引用
  こんにちは、
ウインドスクリーン、
スタンダードなスポンジ製と、
ジャマーと呼ばれる長毛のフサフサ「かつら」のようなものがありますが、
フサフサ(ジャマータイプ)を使う場合、スポンジ製を装着したマイクに
重ねて使用すると聞いたことがあります。

私は大きなサイズのジャマーを持っていませんので、現状
何もつけられていないマイク本体にジャマーを直接装着していますが、
これは間違った使い方なのでしょうか?
(使用マイクはコンデンサー型です)
 

re:河口湖ステラ

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2018年 9月 3日(月)00時17分54秒
返信・引用
  拡大したら右下にTetsu Kimura・・・・。うーん怪しい。
一種のハーモニックエンハンサー?

http://enigma6146.exblog.jp

 

Re: アンサンブル・ラロ来日公演ご案内(再掲)

 投稿者:CPU.BACH  投稿日:2018年 9月 1日(土)00時20分48秒
返信・引用
  > No.3437[元記事へ]

ぺるけさん
ありがとうございます。翌日の予定は午後からなので、終演後も何とかなると思います。

> 見かけたら声をおかけください。
> 終演後、ラロのメンバーはサイン会に出てくるはずなので、時間に余裕があるようでしたらヘーデンボルク直樹をご紹介します。
>
>
 

Re: アンサンブル・ラロ来日公演ご案内(再掲)

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 8月31日(金)20時10分15秒
返信・引用
  見かけたら声をおかけください。
終演後、ラロのメンバーはサイン会に出てくるはずなので、時間に余裕があるようでしたらヘーデンボルク直樹をご紹介します。

 

Re: アンサンブル・ラロ来日公演ご案内(再掲)

 投稿者:CPU.BACH  投稿日:2018年 8月31日(金)13時26分8秒
返信・引用
  16日の東京公演を予約しています。当日ご挨拶できれば幸いです。  

アンサンブル・ラロ来日公演ご案内(再掲)

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 8月30日(木)00時32分33秒
返信・引用 編集済
  ■「チケットまだありますか」という問い合わせをよくいただきますので再掲します■


欧州サイト / 日本サイト

東京公演は1割引にてご自宅にお送りします。
東京以外は、メール(teddy@op316.com)をくださればチケットを受付け預かりでご用意しますので、当日、現地にてお支払いください。
大垣は全席指定なので直接ご予約ください。

10/16(火)19:00 東京、JTアートホール、全席自由、一般4,000円、大学生以下2,000円◆割引あり◆
10/17(水)19:00 静岡、サールナートホール、全席自由、一般3,000円、大学生以下1,000円
10/18(木)19:00 愛媛、西条市文化会館、全席自由、一般2,500円、大学生以下1,000円
10/19(金)19:00 神戸、うはらホール、全席自由、一般3,000円、大学生以下1,000円
10/20(土)15:00 大垣、スイトピアホール、全席指定、一般2,500円、高校生以下1,000円
10/21(日)15:00 大船渡、リアスホール、全席自由、一般2,000円、割引1,000円

曲目(10/16,19)
J.ブラームス:ピアノ四重奏曲 第2番 イ長調 作品26
R.シューマン:ピアノ四重奏曲 変ホ長調 作品47
G.エネスコ:ルーマニア狂詩曲 第1番 イ長調 作品11(ピアノ四重奏版)

曲目(10/17)
F.シューベルト:弦楽三重奏曲 変ロ長調 D.471
F.クライスラー:愛の悲しみ(ピアノ&チェロ)
E.エルガー:愛の挨拶(ピアノ&ヴィオラ)
E.エルガー:朝の歌、夕べの歌(ピアノ&ヴァイオリン)
C.ドビュッシー:6つの古代の墓碑銘(ピアノソロ)
J.スーク:エレジー(ピアノ&ヴァイオリン&チェロ)
R.シューマン:ピアノ四重奏曲 変ホ長調 作品47
G.エネスコ:ルーマニア狂詩曲 第1番 イ長調 作品11(ピアノ四重奏版)

曲目(10/18,21)
F.シューベルト:弦楽三重奏曲 変ロ長調 D.471
F.クライスラー:愛の悲しみ(ピアノ&チェロ)
E.エルガー:愛の挨拶(ピアノ&ヴィオラ)
E.エルガー:朝の歌、夕べの歌(ピアノ&ヴァイオリン)
C.ドビュッシー:6つの古代の墓碑銘(ピアノソロ)
J.スーク:エレジー(ピアノ&ヴァイオリン&チェロ)
G.エネスコ:ルーマニア狂詩曲 第1番 イ長調 作品11(ピアノ四重奏版)
J.ブラームス:ピアノ四重奏曲 第3番 ハ短調 作品60

曲目(10/20)
F.シューベルト:弦楽三重奏曲 変ロ長調 D.471
F.クライスラー:愛の悲しみ(ピアノ&チェロ)
E.エルガー:愛の挨拶(ピアノ&ヴィオラ)
E.エルガー:朝の歌、夕べの歌(ピアノ&ヴァイオリン)
C.ドビュッシー:6つの古代の墓碑銘(ピアノソロ)
J.スーク:エレジー(ピアノ&ヴァイオリン&チェロ)
E.ドホナーニ:ピアノ五重奏曲 第1番 ハ短調 作品30


招聘元を通さない自主公演です。是非来てくださいませ。
私は、東京、静岡、大船渡で表方・裏方やってます。
バタバタしているかもしれませんが、来られたら是非声をかけてください。
 

河口湖ステラ

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 8月27日(月)15時48分50秒
返信・引用 編集済
  ブルーの2U、怪しすぎ。

 

Re: C451B

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 8月 9日(木)22時46分44秒
返信・引用
  上板橋のお寺、安養院の瑠璃光堂の天井からKM184が下がってます。


 

Re: C451B

 投稿者:1年の200万人の逸材  投稿日:2018年 8月 9日(木)20時51分38秒
返信・引用
  > No.3430[元記事へ]

ぺるけさんへのお返事です。

> C451Bにやられた人が近所にもいらっしゃいます。
> AKGの著名なマイクだし、周波数特性図をみるとワイドレンジでフラットなので室内楽メインマイクにと用意し、いざヴァイオリンとピアノのソナタを録音したらどうちようもないキンキンサウンドで泣いてました。
> 結局KM184に落ち着いたそうです。

私も最寄り駅が成増なのでそこそこ近所ですよ!
そして試し撮りして良かったです。
さらにここでご意見が聞けて良かったです。
 

Re: マイクロフォン

 投稿者:1年の200万人の逸材  投稿日:2018年 8月 9日(木)19時47分13秒
返信・引用
  > No.3429[元記事へ]

ぺるけさんへのお返事です。

この2本の比較だと断然Neumann KM131が良いです。

> このあたりのマイクロフォンはある意味中途半端。
> 数回使ってみて・・・不満を言う。

ここが難しいところで、数回って私にとっては数年を意味します。
ライブ録音等も加えるともっと回数は増えますが、基本的に年1回のアルバム制作のための機材なんですね。

さて、今回の要件は、予算25万円以内。ここ数日で既にマイク3本買っており資金の限界です。
この時点で、KM131、DPA4006、SCHOEPSの可変指向は脱落です。

また、近々レコーディングがあるため納期が数ヶ月のものも脱落です。

そうなると残る選択肢は
・在庫があるSennheiser MKH8020のステレオペア
・C414を2本(ペアものは在庫なし)
・その他の無指向2本(ある程度見た限りペアはどれも在庫なし)
・KM184のステレオペアを購入し、ピアノのオンマイクとし、C414をオフマイクとして利用
・レンタルでDPA4006を2本借りる(3泊4日→1日1本1万円x8で8万円)
となります。
C414は、買値と売値が非常に近いので一時凌ぎには最適なのかなとは思ってます。

http://www.op316.com/tubes/balanced/1u-mic-pre2.htm

 

C451B

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 8月 8日(水)23時56分19秒
返信・引用 編集済
  C451Bにやられた人が近所にもいらっしゃいます。
AKGの著名なマイクだし、周波数特性図をみるとワイドレンジでフラットなので室内楽メインマイクにと用意し、いざヴァイオリンとピアノのソナタを録音したらどうちようもないキンキンサウンドで泣いてました。
結局KM184に落ち着いたそうです。

C451Bが使われる場面は、もっぱらドラムセットのハイハットやオーバーヘッドなどの金物やパーカッションです。
そういう用途にしか使えないということなんだと思います。



 

マイクロフォン

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2018年 8月 8日(水)23時46分40秒
返信・引用 編集済
  C414XLSは時として地味で少々物足りない感があるのでXLIIも悪くないです。

スモールダイヤフラムのOmniとしてはKM183がよく出ていますがハイが強調されているので難しいです。
そこで登場するのがMKH8020なんですが。
Sennheiser MKH8020とそのライバルであるNeumann KM131の比較音源です(画像をクリック)。



前半の60秒がNeumann KM131、
後半の60秒がSennheiser MKH8020。

このあたりのマイクロフォンはある意味中途半端。
数回使ってみて・・・不満を言う。
結局、寄り道しないでDPA 4006とSCHOEPSの可変指向に直行した方が安くつくというお話。
技がないから機材に頼るしかない。
とか言いながら、KM131はよく使いますがこれは日本では扱っていないので、ドイツに手紙書いて早くても3ヶ月待ちとかそういうことになるかも。



 

Re: R.Schumannのロマンス Op.94

 投稿者:1年の200万人の逸材  投稿日:2018年 8月 8日(水)22時02分52秒
返信・引用
  > No.3427[元記事へ]

ぺるけさんへのお返事です。

> 当時、6チャネル以上でマルチトラックのデジタル録音をしようとすると、ProaToolsくらいしか方法がなかったんですよ。
> F8のようなPCベースでないマルチトラックレコーダーが1種類だけありました(Souddevices 788T)が、100万円以上しました。
> Digidesignの#002-Rack(14万円くらい)がいちばん安かったと記憶します。
> それに比べたら、手のひらに載るF8は信じられないくらい良く出来ています。

そういうことだったんですね。
ちなみにProToolsってクラシック音源の編集で何か役に立ちますか?
嫁の師匠の今井信子先生のレコーディングってガリ音は後で消せるから気にせず弾いてくれと言われて録音されているそうなので、
そういうのをうまく修正出来るのかと気になってました。


> >ヴィオラとマイクの距離ですがどこぞで仕入れた情報だと30~50cmぐらいが
> >ヴィオラの場合は適正だとのことですが、上体が動くので狙いにくいです。
> 録音に適正値はありません by 故赤川さん。
> その場その場の条件に合わせて常に新しい工夫が求められます。

勉強になります!

> >安いマイクを買い揃えたことを後悔してます。
> 私も同じ経験をしました。
> 道具は「初心者だから最初は安くて・・・」というのはダメなんですね。

どうしても嫁決済を通してから買いたいという理由もあったりで
いきなり高額商品は難しいです。
なので、ぺるけさんの格言も活用して嫁を説得してます。

ちなみに、KM184が届いたので早速C451BとK184で録り比べてみました。
KM184は基音がしっかり鳴っており、その上に倍音が響いている感じですが、
C451Bは基音が弱くて倍音というか高音をブーストしているような聞こえ方で五月蠅く耳障りでした。

そして、C414XLIIのマッチドペアも買ってしまいました。
本当は高音をブーストしてないC414XLSが良かったのですが在庫が全くなかったのでC414XLIIにしました。

更にはMKH8020のマッチドペアも視野に入れてます。
というかマッチドペアで無指向の良いマイクが見事に在庫切れで選択しがなかったりしてます。
本当であれば数ヶ月のんびり待つのも手ですが、
10月頭にレコーディングが決定しているので、間に合わせたいと思ってます。

しかし、お金が・・・><

http://www.op316.com/tubes/balanced/1u-mic-pre2.htm

 

レンタル掲示板
/158