teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


制約の中で

 投稿者:masawan  投稿日:2020年 4月27日(月)09時18分32秒
返信・引用
  準備できるのは素晴らしい

さまざまな思い、念い、想いは、ヒトに与えられた無限の力です、不可能という壁は、存在しません。

>すでに声を失っています。

なるほど、声は、声帯からという原始的な発想でしょうか、我々人間は、何処からでも声を作り出せます、音楽を楽しむぺるけさんであれば、もっと簡単なのではと思いますが、以下でもキーを声にできますので遊んでみてね。
http://rannking.com/otamesi.html

>ラジオボタン、プルダウンリスト、スクロール操作は事実上できません。
>操作できるのは、セレクトボックスとメッセージボックスくらいしかありません。

時間、場所、体力、環境、、多くの制約環境は、生きている限り、身体能力意外にも、誰にでもありますが、それをあきらめるか、可能性を信じるかだけだと思います、
とりあえず、ぺるけさんのwin-controlerに、ココロ表示をプラスしたツールとして、win-controlerをexe化してみました、ツール単体で使えるだけでも、便利だとおもいます、よかったら、以下よりダウンロードして解凍して使ってみてください。
http://rannking.com/tool/win-controler.zip
 
 

Re: どうすれば使いやすくなる

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2020年 4月23日(木)17時29分53秒
返信・引用 編集済
  > No.3606[元記事へ]

masawanさんへのお返事です。

ALSを発症して、ライフワークとしていた本の執筆を諦めた直後に視線入力と出会いました。
そして、伊藤史人先生と出会いました。
https://www.poran.net/ito/home/profile
伊藤先生は、難しい癌を抱えて闘病中にも拘わらず難病患者のために活動されている。
「(死の前に)準備できるのは素晴らしいことです」という言葉が心に響きました。

最初に取り組んだのは、家族への言葉を書き記すことでした。
書き始めたら、さまざまな思いが次々と湧いてきてとまらなくなりました。

主治医から言われたのは、ALS患者の多くが絶望のあまり周囲とのコミュニケーションを失ったまま早くに命を落としている現実です。
パソコンを通して人と繋がるだけでも違うのだと。
人は、どんな境遇にあっても、誰かのために何かをしたいと思い、そうすることで生きる気持ちが生まれます。

私は構音障害のために、すでに声を失っています。
視線入力は私のライフラインでもあります。

-----------------------------------------------
視線入力では、小さなポイントを当てることもできますが恐ろしく時間がかかり消耗します。
キーボードもありますが、ディスプレイの下半分が見えなくなります。
ラジオボタン、プルダウンリスト、スクロール操作は事実上できません。
UWSCで何とか操作できるのは、セレクトボックスとメッセージボックスくらいしかありません。
そのため、Window操作ツールはあのような外部仕様になりました。
この制約の中で改善出来るとおっしゃるのであれば、お金を支払ってでも知りたいです。
 

どうすれば使いやすくなる

 投稿者:masawan  投稿日:2020年 4月23日(木)10時14分26秒
返信・引用
  視線入力の掲示板を立ち上げている事、とても素晴らしく思います。

どういった方々に伝えているんだろ?
何のために、このスクリプトを作っているんだろ、何故?
どのように配置にすれば、より簡単に使えるんだろ?
視線の基準は、どこにあるんだろう?
どう視線を動かすと自然なの?まばたきのタイミングは?
「何をどう作るか?」よりも「なぜ、それを作るか、作りたかったのかな?」
「何のため?」という「念い」が説明できないと、結果として自己満足なスクリプトになってしまうというのが、私の苦い経験です。
どんなに上手に、機能面だけよくしたスクリプトでも、「ユーザー視点」から伝えることをないがしろにすると、せっかくのモノが、誰にも使ってもらえません。
ぺるけさんの不自由な中でのスクリプトを作られている事、とても尊敬します。
ロールプレイングゲームでいえば、スーパー勇者であるぺるけさん。
その勇気、パワーのベクトルを他に続く、弱者のためにどうか、お使いいただければと思いますし、それを応援させていただきます。
今、コロナで、世界中の意識が、変化する時期にいると思います、同じく身体を動かせず、その勇気とパワーを待ち望んでいる人がいるはずです。
その方に必要なスクリプトは、どんなもの?
世話してもらっている家族付き添いに感謝できるツールではないでしょうか、視線だけで、ネットや音楽を見る、画面移動も便利でしょうが、たとえば、感謝の文や声を発せられるなら、どうでしょう、笑顔を伝えられたらどうでしょう。
動けない苦しい気持ち、楽しい気持ち、それぞれの思いを共有できるものは、スクリプトでなくてもいいような気がしますが、そこにこだわらず、パワーを発揮されることを掲示板、ときどき拝見し、応援します。



 

スクリプトを使っている人

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2020年 4月22日(水)15時39分37秒
返信・引用 編集済
  少ないと思います。
上肢の障害を持っていて、TobiiユーザーかつWindows10の視線入力を使っている人はとても少ないですから。
視線入力ユーザーのほとんどは、吉村さんのHearty Ladderを使っています。

それでも時々使っている方からメールをいただくので、いないわけではなさそうです。
ALSだけでなく、筋ジストロフィー、パーキンソン、頸椎損傷などの方が使っています。

そもそも、このようなことが視線入力でできるツールは見つかりませんでしたから、仕方なく一から自分で勉強して作ることになりました。
しかし、私の病状は容赦なく進行し、コーディングすらままならないのが現実です。
何もしなくても身体じゅうつって痛い、突然咳き込む、よだれが出る。
スプーンを持とうとしてももてませんし、キーボードを叩こうとしても同じ文字が連打されるだけです。

むしろ、私のホームページの視線入力環境作りやマニュアルページが役立っていると聞いています。
 

正直、使いにくいツールです

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2020年 4月22日(水)09時41分12秒
返信・引用
  どうすれば使いやすくなるでしょうか。
方向性を示して下されば工夫してみます。
ただ、私はにできるのは、UWSCの範囲に限られます。
しかも、UWSCも初心者レベルです。
 

今はほかに困りごとは少ないようです。

 投稿者:masawan  投稿日:2020年 4月17日(金)18時42分31秒
返信・引用
  なるほど、お手伝いできることはなさそうでしたか。

ウィンドウ移動&サイズ変更ツール スクリプト・ソースコード:01-win-controler.uws
を使ってみました、たとえば、このツールは、ぺるけさん以外、誰か使っているのでしょうか。
あまり、直観的に使えなかったので、作成された方以外が使うには、大きな壁があるように思います。
せっかく、貴重な情報として公開されているものに、チャチャを入れるつもりはありませんが、多少プログラミングをかじっている(uwscexe化も簡単)私が使っても、正直、使いにくいツールです、他の不自由な方の助けになるのであれば、応援するつもりでした。
プログラムは、大げさにいうと魔法の杖ですが、何でもかんでも魔法をかければいいとは思っていません、たとえば、何処か不自由な方が一生懸命、生きて、感謝を周りに伝えることを見ると
こちらも勇気をもらえますが、魔法で猫を虎に変えたとしてもなんの感動も得られません、むしろ、貴重な時間の無駄使いだと思っています。
長々と掲示板を汚して申し訳ございませんでした、良い日々をお過ごしくださいませ。

 

(無題)

 投稿者:西村  投稿日:2020年 4月15日(水)08時19分15秒
返信・引用
  > それではダメなのでしょうか。
わかりませんが、制御が移ればいいのですが、おそらく外部からの入力割り込みを待っているような気がしています。そうでなければ私の方法でもうまくいくはずだと思っています。
まあ、かの件は UAC の変更で済むのなら一度だけなのであとはやってみてどうかだけですね。今はほかに困りごとは少ないようですので。
 

ダイアログの非表示

 投稿者:masawan  投稿日:2020年 4月14日(火)12時51分43秒
返信・引用
  少し、こちらの認識が甘いのかもしれませんが、以下、

>ALS なため、自分で操作ができず、それを自分でできないか、ということが発端です。
自分で操作ができないのは、ALSに限ったことではないですが、普通に周りの方に頼めばいいのではないでしょうか、設定操作は、基本1度だけのはずです。
なにもかも、プログラムに頼るより、簡単に設定変更できる手順を文字で紙に書いておく(これも頼むことになりますが、)または、自動音声で発動させるかすればいいだけのような気がします。

元々、表示が出るツールでプログラムさせることも問題かと思いますが、たとえば、プログラムでするのであれば、難しいことを考えず、単純座標クリックさせる別ツールを作成して、タスクスケジューラでPC起動時にスタートさせておいて、”許可しますか”に、”はい”の位置をクリックさせればいいと思いますが、それではダメなのでしょうか。
 

ダイアログの非表示

 投稿者:masawan  投稿日:2020年 4月14日(火)12時49分14秒
返信・引用
  少し、こちらの認識が甘いのかもしれませんが、以下、
>ALS なため、自分で操作ができず、それを自分でできないか、ということが発端です。
自分で操作ができないのは、ALSに限ったことではないですが、普通に周りの方に頼めばいいのではないでしょうか、設定操作は、基本1度だけのはずです。
なにもかも、プログラムに頼るより、簡単に設定変更できる手順を文字または、自動音声で発動させるかすればいいだけのような気がします。
元々、表示が出るツールでプログラムさせることも問題かと思いますが、たとえば、プログラムでするのであれば、難しいことを考えず、単純座標クリックさせる別ツールを作成して、タスクスケジューラでPC起動時にスタートさせておいて、”許可しますか”に、”はい”の位置をクリックさせればいいと思いますが、それではダメなのでしょうか。






ぺるけさんのときのような画面のとき操作を裏で自動実行できれば解決できると思い、「←」キー、次に「ENTER」キーの仮想入力を行なう C++ を作りました。

操作のテストには UAC の「ユーザアカウント制御設定の変更」で行ったのです。

すでに十分承知のことでしょうが、「ユーザアカウント制御の設定」では通常、上から2番目になっていますね。それを一番下の「通知しない」に設定する際にやはり UAC から「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と出てぺるけさんのような画面が表示されます。
 

Re:ダイアログの非表示

 投稿者:西村  投稿日:2020年 4月12日(日)07時18分1秒
返信・引用
  masawan さん、関連の質問をお許しください。

ぺるけさんは ALS なため、こういう場合、自分で操作ができず、ほかの人の手を借りるしかないのです。それを自分でできないか、ということが発端です。

ぺるけさんのときのような画面のとき操作を裏で自動実行できれば解決できると思い、「←」キー、次に「ENTER」キーの仮想入力を行なう C++ を作りました。

操作のテストには UAC の「ユーザアカウント制御設定の変更」で行ったのです。

すでに十分承知のことでしょうが、「ユーザアカウント制御の設定」では通常、上から2番目になっていますね。それを一番下の「通知しない」に設定する際にやはり UAC から「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と出てぺるけさんのような画面が表示されます。

上記のプログラムを実行するとこの画面での操作にはまったく影響を与えませんでした(つまり何も変わらない)。

この「ユーザアカウント制御設定の変更」では無理なのでしょうか?

なお、裏で実行しているかどうかは「ブザー音」を出しており、それで確認しています。それとこれと似たプログラムはすでに実行させています。ただし、既プログラムはタスクバーから陽にどのウィンドウの操作をするかを同じ仮想入力での左クリックで指定しています。ところが先の「このアプリがデバイス・・」ではタスクバー自体が隠されてしまうので左クリック指定ができないのです。
私自身は大昔の SE でプログラム経験は豊富ですが、C++ のような現在のプログラム言語はほとんど素人で、上述のプログラムは検索しながら組みました。
 

ダイアログの非表示

 投稿者:masawan  投稿日:2020年 4月11日(土)13時21分51秒
返信・引用
  「ユーザーアカウント制御」UACと呼ばれるWindowsのセキュリティ機能ですね、
コントロールパネルから「セキュリティとメンテナンス」→「ユーザーアカウント制御設定の変更」で、セキュリティレベルを下げるか、無効にすれば、出なくなります。
"このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか 常に許可"
上記で、google検索されれば、普通に回答が見つかると思います。

※基本的には自分で再設定を行わない限り、UACは、変更されません。
但し、Windows Updateの更新があると変更自体が無効になり、再度、初期設定に戻ります。

※メッセージが、スパムかスパムでないかの判断基準は、人それぞれですが、
投稿趣旨をたとえ書いていたとしても、結果同じだったように思います、たとえば、
その先に広告宣伝文があるか、送信するだけのメリットがあるサイトか等もありますが、
ツールを扱われているのであれば、固有文字がどのタイミングに含まれているかで投稿者の『念い』を判断される方法が簡単かと思います。
お手伝いツールに関しては、声を出せない失声症の方に、声を作りだすツールを提供した経験がありますので、恐縮とは思いましたが、視線入力は、対局にあるものとして興味もあり、お声がけさせていただきました。
何かしら、お手伝いできること、ご縁がございましたら、幸いです。
 

RE:消されたのですが

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2020年 4月 5日(日)22時07分52秒
返信・引用 編集済
  失礼いたしました。
リンクが貼ってあるだけで投稿された趣旨がわかりませんでした。
文章もよくある宣伝スパムのパターンですし、閲覧されている他の方々もわからなかったようで、スパムがありますよという連絡もあったので(削除ではなく)一時的に非表示としました。
今、非表示を解除しました。

視線入力ユーザーにとって大きな課題は、アプリのインストールの際に出る確認画面をマウスを使わずに自動化できないか?です。
この画面の時だけ視線入力が使えなくなります。
これを解決できた人はまだいません。


 

消されたのですが

 投稿者:  投稿日:2020年 4月 3日(金)18時56分8秒
返信・引用
  先に投稿した内容が、消されていました、投稿者名も仮としますが、この掲示板は、他者を受け入れないページだったのでしょうか、プログラム等できますので、こちらで何かしらお手伝いできたらと、善意で投稿したつもりでしたが、とても残念です。
この投稿も消していただいて大丈夫です、失礼しました。
 

はじめまして

 投稿者:masawan  投稿日:2020年 3月20日(金)22時59分16秒
返信・引用
  視線入力の掲示板、偶然拝見させていただきました。
何かお役に立てることがございましたら、お手伝いします。

http://rannking.com/

 

ウィーン旅行

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2020年 3月20日(金)11時15分0秒
返信・引用
  お役立てたようで良かった。
私も心はいつもウィーンです。

2018年に行こうと思って「来年があるさ」と思っていたら、とんでもない難病になってしまい、2017年が生涯で最後のウィーンとなってしまいました。

 

お礼

 投稿者:megu  投稿日:2020年 3月15日(日)15時07分59秒
返信・引用
  ぺるけさんには部品頒布や、板橋のお寺のコンサートの紹介等でお世話になっていましたが、このホームページは読むだけでした。ただ、先月ウィーンに行く機会があったので、お礼を申し上げたく今回初めて書き込みます。

娘とその友達が2月初旬から中旬にかけてウィーン旅行に行ったのですが、「音楽の舞台裏&ウィーンの音楽」を
紹介したら、国立歌劇場と楽友協会のコンサートや、CATの乗り方、休日散歩の店はとても参考になったそうです。

妻と私も二人で、2月半ばから2月下旬にかけてウィーンとイタリア・ナポリに行って来ました。
ウィーンでは、我々夫婦もぺるけさんのサイトを参考にCATに乗ったり、楽友協会でのコンサートや
市内での食事を楽しみました。
一番の気がかりはドレスコードだったのですが、かゆいところに手が届く記載だったので、安心してコンサートを楽しめました。また参考にさせていただきます。

我々夫婦がウィーン、ナポリに滞在したときは、現在と違ってイタリアでもコロナウィルスの感染者はほとんどいない時期でしたので、無事帰国することができました。
家族を代表してお礼申し上げます。





 

リンクをつなぎました

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2020年 2月15日(土)14時40分25秒
返信・引用
  GETID、CTRLWIN、STATUSといった便利な関数がたくさんあります。
特定の名前がついたボタンを押せとか、マウスカーソルの形を戻り値で返すとか面白い関数もいろいろあります。

 

リンク切れ

 投稿者:西村  投稿日:2020年 2月15日(土)11時47分20秒
返信・引用
  「視線入力の強い味方UWSCスクリプト」の
●(1)ウィンドウ移動&サイズ変更ツール
スクリプト・ソースコード:01-win-controler.uws

というのがありますが、01-win-controler.uws のリンクが切れています。

なんでもあり掲示板にあった、「各ウィンドウには識別のためのID」というのはおそらく GGETID というものでしょう。小林 シンヤさんの http://canal22.org/ のページは UWSC を使いこなすためには大変に貴重なページのようですね。
C++ では GetWindowLong なるものがあるようですが、簡便さはまったくかなわわないようです。
 

視線入力サポートツールの2つの動画をYoutubeで公開しました

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2020年 2月13日(木)08時57分15秒
返信・引用 編集済
  視線入力シリーズその1「ウィンドウ・コントローラ」




視線入力シリーズその2「iTunesで音楽を」



 

2つのスクリプトを全面的に改訂

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2020年 2月 6日(木)08時58分27秒
返信・引用 編集済
  コマンドをタイプ入力する方式だった2つのスクリプト、

ウィンドウのサイズ変更・移動  01-win-control.uws
文書の編集・Web閲覧  01-doc-editor.uws

http://www.op316.com/eye-tracker/script.htm

これをメニュー方式に変更しました。
コマンド方式ですと常に画面の50%を視線入力キーボードに占拠されて使いにくいからです。
加えてコマンドを覚えなければなりません。
文字入力の時は視線入力キーボードが出るのはやむを得ないとしても、文字列の削除や選択、スクロールの操作はほぼ全画面を見ながら操作出来ます。

私自身も利用者の一人として使いながら改善してゆきます。
改善のご希望がありましたらこの掲示板あるいはメールでお知らせください。


 

レンタル掲示板
/164