teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


桃太郎戦車

 投稿者:ランスロット  投稿日:2019年 4月22日(月)02時53分5秒
返信・引用
  先週1週間、統一地方選挙立候補者の応援をしていました。

最後の3日間は『桃太郎』という選挙用語の、候補者を先頭に候補者名を書いた旗(選挙管理委員会公認)を持った行進で、私、重さ10キロくらいあるスピーカーを持つ役目。

3日間で約6万歩歩いたんですが、最終日はなんと25,504歩も歩いていました、しかも大スピーカーを持って。
私もそうだけど、応援に入っている爺様婆様達、日当も出ない(出たら選挙違反!)し、候補者は息子でも孫でも親戚でもないというのに、朝8時から夜8時まで熱心に応援。

といっても、婆様達は選挙事務所で食事を用意する係で、厨房では10人ほどの婆様が集まって、まあ賑やか。
選挙応援というより、婆様達が溜まってるから喋りに来ているだけ、って気もするけど、その方々も1票持っているので、喧しくても邪魔になっても邪険にできない。

駅前に空き店舗あれば、集会場にしてあげれば、デイケアセンターへ行くのには抵抗のある婆様達毎日楽しく過ごせると思うんだけど、どう議員さん?
こういう集会場つくってあげれば、間違いなく次の選挙、票集まるよ。

で、選挙結果なんですが、先ほど午前2時頃結果が出ました、無事当選!!

いやいや、街の有力者がみんな応援していたんで、当選は間違いなかったんだけど、問題は順位。
まだ順位出てないけど、10位前後での当選が望ましい。

あんまり下位だと、同じ議員でもお役所は軽く見て、議員さんを通しての地域の要望通りにくいけど、10位前後なら、これから何度も当選するだろうし、議会でも良い“役”を貰えるんで、お役所も無碍にはできない。

といって、トップ当選してしまうと、本人“その気”になって上を目指そうとするんだけど、“上”へ行ってしまうと、却って地元の要望を持っていきにくい。
ということで、10位前後当選くらいが丁度いいんだよね。

そうそう、地方議員さんを見ていていつも思うんだけど、地方議員さんって結構な激務、一生懸命地域の為に活動している議員さんって、大体痩せている。
ということで、次の地方議員選挙、誰に投票していいかわからなくっても、太った候補者には一票入れないほうがいいですよ。

今になって気付いたんだけど、候補者を先頭にしての『桃太郎』、後に続く私たちは忠実な動物ってこと?
名称変えたほうがいいね。

そうそうもうひとつ、選挙用語を。

「お~い、せんしゃ持って来い! 駅前へ乗り込むぞお!!」
選挙参謀が怒鳴っているんで、戦車に乗って相手陣営に乗り込むのかと思ったら、“せんしゃ”というのは“がいせんしゃ”つまり“街頭宣伝車”のこと。

でも選挙戦って言うくらいだから、これくらい猛々しいほうがいいのかな?

最終結果、10位くらいでありますように。
 
 

花筏

 投稿者:ランスロット  投稿日:2019年 4月19日(金)06時56分43秒
返信・引用 編集済
  この春は、桜が咲いてから急に寒くなったり暖かくなったりが繰り返されたせいか、例年ならほぼ同じ、桜花の散る時期がずれてしまい、満開の桜よりも好きな川面一杯に延々と流れる“花筏”を見ることができなかった。

千鳥が淵や目黒川両岸の桜は、江戸時代後期に人工的に造られたソメイヨシノが原木なので、DNAが同じってことで、満開になる時期、散り始める時期がほぼ同じ筈なのに、流石のDNAも今年の天候不順には勝てなかったってことかな。

私が大好きな目黒川の花筏、延々と続く桜色の筏、それを人の少ない早朝、橋の欄干に両手を付いてボ~ッと眺めている、私にとって数少ない至福の時間、今年は残念な結果となりました。


上方落語に、相撲の花形大関“花筏”と瓜二つの提灯屋の噺があります。
今年の初め、キング兄弟と浅草の駒方泥鰌へ行った際、真ん前に提灯屋さんがあったので、
「提灯屋といえば“花筏”という噺があって・・・。」
なんてことを泥鰌を肴に飲みながら言ってたんですが、驚いたことに、偶然というにはあまりにも偶然すぎるんだけど、その週のTBS落語研究会(月一度深夜放送)で、“あの”噺家さんが“花筏”を演じていました。

この噺、もともとは上方の噺だったんですが、誰かが東京へ持って来たようで、最近は東京でも演じられるようですが、逆に上方では語る噺家さんが(私の知ってる限り)居なくなりました。

枝雀さんのせいです!

この噺、それほど面白い噺ではないのですが、枝雀さんが何かの落語会でこの噺をやり(私ビデオで見ました)、ストーリーは同じなのに、大爆笑噺に仕立てあげ、あまりの面白さに、他の噺家さんがやらなくなってしまった。

その謂わばプロ野球で言う『永久欠番』のような噺をお江戸の、どうも枝雀師に憧れているような芸風の“あの”噺家さんがやりました。

解説の評論家さん、絶賛していましたが、枝雀師の“花筏”を観ている、聴いている身としては、何を言ってるの? ってなもの。

枝雀師に近付きたい、と思っている(と私勝手に思ってる)“あの”噺家さん、無理しないほうが良いと思いますよ。

なんせ、お二人とも爆笑噺を得意とするのに、繊細な精神をお持ちで、考え過ぎのあまり“鬱”になってしまわれた。

“あの”噺家さん、枝雀師に近付こうとするあまり、完治した筈なのにまた鬱になり、枝雀師のような“事故”を起こしてしまっては、東京落語会の大損失です。

上方落語界は、枝雀師を失ったロスから、噺家さんも落語ファンも未だ立ち直れてはいません・・・・・。
 

見せたかった

 投稿者:ランスロット  投稿日:2019年 4月17日(水)06時51分39秒
返信・引用 編集済
  仲の良い大工の棟梁と久々に道で会ったので、忙しいんだよと言うのを、そんなこと言わずにコーヒーでも飲もうよとスタバに誘いました。

いつものようになんやかやと馬鹿っ話をし、
「ところでお母さん元気?」
と言うと、
「死んだんだよ。」
「お~い、そんな冗談言うもんじゃないぞ!」
「いやホント。」
「ええ~っ?! 何時?」
「昨日、正確に言うと今日の夜中。」
「ちょっちょっちょっ、お母さん亡くなったのに、こんなとこでコーヒーなんか飲んでる場合じゃないだろっ。」
「コーヒーなんか飲んでる場合じゃないだろって、葬儀屋へ行こうとしたらランちゃんが無理やり誘ったんだろ。」

確かに・・・・・。

「で、お葬式は?」
「密葬というか、家族だけの家族葬にするんで、誰にも知らせてない。ランちゃんも言わないでよ。」
「家族葬と言っても、仕事柄義理や付き合いもあるだろ?」
「いいんだ、お袋若い頃ほんと美人だったんだ。俺の自慢だった。年取っても奇麗だった。そんな俺の自慢のお袋、奇麗な死に顔してるけど、死に顔なんか誰にも見せたくない。通夜も葬儀も終わってから皆さんに知らせるつもり。」

わかる。

「もうすぐ新しい元号。お袋、大正の最後の最後に生まれてるんで、もう少し生きてくれていたら、大正・昭和・平成・令和って、よっつの元号生きたってことになったのにな。
もうすぐ俺の初孫、お袋の初ひ孫が生まれる。
初ひ孫見せたかったな。オリンピックも見せたかったよ。」

見ていただきたかった・・・・・。
 

病院に神社

 投稿者:ランスロット  投稿日:2019年 4月15日(月)08時28分17秒
返信・引用
  5年後に発行予定新紙幣、新千円札の“顔”に北里柴三郎博士が選ばれました。

決定した財務大臣、就任以来初めて言います、
「偉い!」

北里柴三郎博士が創設運営した白金の『北里研究所病院』、2年前から私のかかりつけ病院です。
この病院、白金という場所、病院の奇麗さから"お高いんでしょう?”というイメージがあったんですが、2年前の2月、夜中に突如高熱を発し、救急で行ったところ、“そんなに治療費安いの?”“こんなに丁寧に診てくれるんだ”、それからはすっかりこの病院のファン。
幸い2年前の感染症から来た高熱以来、かかることはないけれど、この病院をかかりつけ病院と決め、何かあった場合この病院へ運ばれるよう、カード入れにはこの病院の診察券を入れています。

北里研究所病院、他の北里系病院にもあると思うのですが、病院として珍しく病院敷地内に神社、それも研究所自体が設立した神社があります。
ご祭神は北里柴三郎博士と、その師・コッホ博士。

この神社に手を合わせている研究所関係者らしき人、お願いだか感謝だかで手を合わせる患者・患者家族と思しき人、よく目にします。
ご祭神はどなたであれ、神仏を敬う心を持つ医療、というのは、人間の“手”が及ばない領域があるだけに、そうあるべきかと思っています。

この病院、医療以外にももうひとつ良いのが、敷地内にある看護学校の学生食堂。
ガラス張りでオシャレレストラン風で一般の人も入れるこの学生食堂、ここのカレーが美味い!
しかも、大きなボウルに入った野菜サラダを一緒に頼んでも500円チョット。
有名レストランが経営しているので、このカレーは美味しいよ。
しかも、来ているのが殆ど看護師を目指す20歳前後の若い女性というのも嬉しい! 嬉しくない?

美味しいといえば、この病院近くの豆腐屋さんの手作り豆腐、油揚げ、厚揚げもお勧め。
店主が一人で朝早くから作っているのですが、長年の重労働で店主の腰、90度近くまで曲がっていて、ご本人“そろそろ・・・”と言っておられるので、食べてみたい方はお急ぎください。

冷奴用の醤油も一緒に売っているので、私、散歩途中に醤油も買って北里研究所病院の学生食堂でカレーと一緒に食べることもあります。
営利目的の食堂じゃないので、お弁当を食べている学生さんもいるんで、誰も何も言わないよ。

って、胡散臭いおっさんがカレーと持ち込み豆腐を食べていたら、学生さん達、不気味で何も言えないのでしょうか。

 

死ぬまでに

 投稿者:ランスロット  投稿日:2019年 4月12日(金)07時07分54秒
返信・引用 編集済
  一昨日アップした“烏賊の燻製”、読めない方多かったようです・・・。

“烏賊の燻製”、イカのくんせいと読みます、角打ちでのつまみの定番“イカクン”のことです。
“角打ち”知らない? “イカクン”も食べたことない? そうかあ・・・・・。

イカは烏賊、タコは蛸または章魚って昔は書いたんだけど、魚類の名称なんてカタカナでいいよね。

そうそう、信州小布施(おぶせと読みます)の北斎館へ、北斎が龍と鳳凰の天井画を描いた祭屋台を見に行った(何度目だろう? これは素晴らしいよ、是非!)んだけど、北斎漫画の何点かも展示されていて、その中の『蛸に捕まる漁師』って画、構図といい漁師を捕らえる大蛸と大蛸に捕まった漁師の表情といい、現在の一コマ漫画よりも漫画らしくって、この漫画のことを書こうかと思っていたんですが、『蛸に捕まる漁師』というタイトルを、『タコにつかまるりょうし』にしなくちゃいけないとなると、北斎漫画の面白さ伝わらないような気がするんで、書くのやめておきます。

とはいえ、『死ぬまでに観ておくべき日本美術』の、私にとっての一番と二番(仏像は除く)の信州小布施東町祭屋台の天井画、三番と四番の上町男波図・女波図、是非ご観賞ください。
 

烏城

 投稿者:ランスロット  投稿日:2019年 4月10日(水)23時06分3秒
返信・引用
  長野へ行っていました。

昨日は、白亜の外観から“白鷺城”と呼ばれる姫路城との対比からか、漆黒の外観から“烏城(からすじょう)”と呼ばれる松本城が青空に映えていたのですが、今日は漆黒の天守や櫓に雪が降り積もり、それだけなら冬の季節によく見る光景ですが、お堀の周りには5分咲きの桜に雪が積もっていて、ここは何処? 状態。

松本から長野に移動すると、雪は雨に変わっていたのですが、帰りの高速道路では群馬県に入るとまた大雪になり、横川パーキングエリアでは、満開の桜に雪が厚く降り積もるという、まさかまさかの光景に、こいつぁ春から縁起が良いわい! 状態。

なんてことを打ちながら報道ステーションを聞いていたら、流石報道ステーション、松本城の別名を正確に烏城(からすじょう)と言っていました。
言い間違いの多い報道ステーションにしては流石というより珍しい、と言うべきかな。

松本城のことを烏城(からすじょう)と言うのは、お城マニアとしては当然なんですが、最近どういうわけか、バスガイドさんも現地ガイドさんも烏城・“からすじょう”ではなく“うじょう”と呼んでいる。

“からすじょう”よりも“うじょう”と言うほうがなんかカッコいいんだけど、烏城と書いて“うじょう”と呼ぶのは岡山城。
松本の方々、“うじょう”のほうがsound goodだけど、正確に言おうね。

そうそう、烏といえば、もう45年も前、アメリカへ遊びに来るという北君が、お土産何がいい? と手紙(若い人はエエ~かもしれないけど、当時はメールもラインもなかった)が来たので、烏賊の燻製が欲しいと返信したら、暫くして、
「なんぼ探しても烏の剥製はありません。」
との手紙が来ました。

烏賊の燻製とをどうしたら烏の剥製と読めるんだろう?

読めなくもないか。


 

息子がいない!

 投稿者:ランスロット  投稿日:2019年 4月 8日(月)08時28分6秒
返信・引用 編集済
  町のことを色々とやっていると、お巡りさんと知り合うことが多く、よく飲んだりする(もちろん割り勘か会費制)んですが、先週面白い(と言ってはいけないかな)話を聞きました。

「これだけオレオレ詐欺に注意って言ってても、オレオレ詐欺なくならないんですけど、先日こんなのあり? って思うオレオレ詐欺がありました。」

被害者の詳しい情報や被害額は言わなかったのですが、こんな詐欺でした。

「息子を騙る電話があって、金を取りに来た男に結構な金額を渡してしまった、という被害届があったので、私、そのお婆さんに話を聞いたんですが、息子さんは何処にいらっしゃるんですか、と訊いたら、そのお婆さん、ちょっと首を傾げて、“あっ、私息子居ないんだった”、息子さん居ないのに、どうして息子を名乗る人に騙されたんですか、娘さんはいらっしゃるんですか、と訊いたら、また首を傾げてフフフと少し笑って、“私、考えたら子どもいなかったわ”。』

私も沢山のオレオレ詐欺事例見たきたけれど、こんな事例ははじめてです。これって犯人を捕まえても詐欺で立件できるんでしょうかねえ。

この書き込みを見ている子どものいないお年寄り(そんな人いないか)、子どもがいないからと言って、油断しないでくださいね。
 

凛花烈風物語

 投稿者:ランスロット  投稿日:2019年 4月 5日(金)22時25分41秒
返信・引用
  東芙美子 著 由羅カイリ イラスト『凛花烈風物語』アマゾンより本日到着。

書店への配本日と同じ日に到着するんだから、アマゾン偉い!

さてと、明日花見の後、ユックリ読もうっと。
 

送る言葉 送られる言葉

 投稿者:ランスロット  投稿日:2019年 4月 4日(木)07時56分27秒
返信・引用 編集済
  昨日執り行われた、というか開催された内田裕也さんのロックンロール葬、最後に謝辞を述べられたお嬢様の、裕也さんに贈られた言葉、テレビのニュースショー番組では、

Yuya Uchida,
Don't Rest In Peace
Just Rock'n Roll !!

と字幕に出ていましたが、これ正確ではない。

お嬢様の贈られた言葉は、

Fuckin' Yuya Uchida
Don't Rest In Peace
Just Rock'n Roll.

お二人の名誉の為に、訂正させていただきます。

素晴らしい送る言葉を贈られました。
私もこんな言葉で送られたい・・・。
 

REIWA

 投稿者:ランスロット  投稿日:2019年 4月 2日(火)06時38分34秒
返信・引用 編集済
  新元号が決まりました。

『令和』
いいね!

発表前まで、どんな元号になっても、私きっとケチを付けるな、と思っていたんだけど、『令和』、悪くない。
『令』の字が私と縁のある『怜』(女性関連じゃないよ)だったら更に高得点、文字の座りも良かったんだけど、来歴・由来を聞いてみれば、『令』で納得。
『令』の文字はともかく、『和』のつく名字や名前の方多いので、ここでも加点!
ピンタイラ君から、
「私の名前の一字が入ってる!」
と喜びのメールが入ったし、父の日本名の一文字でもある。

ひとつだけ懸念があるとすれば、『令和』を英語表記した場合“REIWA”になるんだけど、Reiko さんやKeikoさん、“リィコオ”とか“キィコオ”と発音される場合が多いので、ちゃんと注釈を付けないと、“REIWA”が“リィワア”と発音されかねないということ。

もっとも、元号表記なんて今では日本固有のものだから、英語表記する必要なんてないんだけどね。

平成もあと一ヶ月で終わり、5月から令和。

文字通り、美しく和やかな日々でありますように。
って、文字の解釈合ってる?

『平成』発表時は昭和天皇崩御から時間が経ってなかったので、今回のようなお祝いムードというかお祭り騒ぎは出来なかったけれど、この“新元号発表祭り”面白いので恒例にして欲しいね。

新天皇来年2月23日還暦、現天皇にならい米寿で退位してくれれば、私、このお祭り騒ぎまた楽しめる!
よね?!
 

レンタル掲示板
/335