teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


RE:ピアノの収録

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 8月 3日(水)14時17分51秒
返信・引用 編集済
  ピアノ近く、ナナメから二本のマイクを突っ込んだくらいでは、高音と低音はきれいに分かれてくれません。
ピアノは楽器全体で鳴るので、音程によっては左右行ったり来たりになります。
きれいに分けたかったらハンマーに沿ってかなり離したマイキングが必要です。
そうなるとハンマーの打音が強くなって楽器本来の響きがうまく録れません。

もう一つ、ピアノはメーカーによって、モデルによって鳴る場所、鳴り方がずいぶん違いますよね。
ですから、実際に自分の頭と耳を移動させてどこにマイクをセットしたら思い通りの音が録れるか探さなければなりません。
アルバムAirは、木部全体が鳴るベーゼンドルファーインペリアルなので、普通だったらセンターニュートラルな音配置のところです。
しかし、きれいに高低を左右に分けてしかもベーゼンドルファーらしい音に仕上げるという神業をやってます。
 
 

RE:ピアノの収録

 投稿者:南野美音  投稿日:2016年 7月31日(日)23時55分33秒
返信・引用
  ありがとうございます、
モヤモヤがなくなりました。

聴いてみると、ほんとうにそうなのですね、、。
(現在、MXL V67Nマイクが愛用マイクになっています)
 

RE:ピアノの収録

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 7月28日(木)22時58分18秒
返信・引用 編集済
  左右どっちもアリです。
楽器の音の録り方に決まりなどありません。

聞いてみて案外いいのは、左右どっちでもないのに音が気持ちよく左右に広がる、というやつです。

GULDAのは高音が左、アルバムAirは高音が右、BaremboimのBachはどっちでもない。
 

ピアノの収録

 投稿者:南野美音  投稿日:2016年 7月28日(木)21時49分19秒
返信・引用 編集済
  ピアノ演奏会の録音

こんにちは、
グランドピアノの演奏会(素人の発表会)収録、
通常はビデオカメラの場所(ステージから15mぐらい)に
マイクを立てて収録していましたが、(初めて受注の)主催者から
「音を『右のスピーカーから高音/左から低音』が再生されるように
録ってほしい」と指示されました。
(専門的にはプレイヤーポジション、というのでしょうか?)

この音像設定では
録画位置、及び通常のビデオ鑑賞時に違和感があると思ったのですが、
指示なので、仕方なくそのように仕上げました。

この様な、オンマイクで「奏者に聴こえているような音像での収録」
私が知らないだけで、プロの仕事現場では
一般的に使われているのでしょうか?

指示には結構な違和感を感じたのですが、経験値の高くない私には
判断つかず、「モヤモヤ」感がなくなりません、、、。
 

RE:Why Nuts Studioのお披露目

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2016年 7月 3日(日)08時59分25秒
返信・引用
  あのスタジオがまた使えるようになったんですね。ご同慶のイタリアです。
Why Nuts・・・ピーナッツから?

http://enigma6146.exblog.jp

 

Why Nuts Studioのお披露目

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 7月 1日(金)13時36分32秒
返信・引用 編集済
  だいぶ前にご紹介した千葉のスタジオが再スタートするというので、行ってきた。
このスタジオのCueシステムは建設当時僕が設計・製作したのですが、機材のいくつかは散逸しているので、再構築するにしても現在の状態を知りたかったし。
配電盤や構内配線、各ブースのコネクタおよびは健在で使用可、不足しているのはサテライトだということがわかった。

地元の方がオーナーになったおかげで、屋外には立派なバーベキューセットが何台も並び、近所の人々がワンサカやってきて、小さい子供が勝手にスタジオのピアノを弾き始めでそれがみごとなショパンだったり、全段差動ミニワッターを作ったDJ氏に出会ったり。真空管式のPHONOイコを持ち込んでDJやると、明らかにお客のノリが違うのだそうだ。

当時は、毎回東京から出張移動して、やることやったら全員帰ってくる、ということの繰り返しだったので地元とのつながりが全くないのが悩みだった。
地元の人がオーナーになり、地元に支えられた再スタートはほぼ理想に近い。
よい1日でした。

すべて高速を使うと、高速料金往復で5,000円、下道併用で3,500円。

上:MIX中の赤川氏。
中:テストレコーディング中のPfとVn。
下:ロビーで僕と話をしているのは、お披露目に「やってきたJAZZサックス氏。

Photo by J.沖田氏
 

夕餉の音楽

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 6月29日(水)18時27分18秒
返信・引用
  久しぶりにこれ。  

re:まあ、一服

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2016年 6月17日(金)10時58分9秒
返信・引用
  そうそう、美味しい珈琲でも頂きながら(葡萄酒ならもっとええですが)、音がどうだこうだは
あちらへいってもらって・・・。
楽器博物館のを使ってるみたいですね。ウィーンのそこにはオリジナルのフォルテピアノが
沢山あるそうです。(ウィーン式のアクションを持っている)一時閉館の話もあったようですが
なんとか続けているようですね。

http://enigma6146.exblog.jp

 

まあ、一服

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 6月15日(水)23時36分48秒
返信・引用 編集済
  某オーケストラのこの二人の第一ヴァイオリン奏者(Martin KubikとAndreas Grossbauer)はいつもオケの一員としてステージに乗っているので、ソロはなかなか聞けません。
Grossbauerは団長さんなので、出てくるのはインタビューとか記者会見ばかりだし。
こんなにいい感じのヴァイオリンを弾くなんて知りませんでした。

 

ビビリ音

 投稿者:南野美音  投稿日:2016年 6月 6日(月)09時27分42秒
返信・引用
  イベント会場のスピーカーの近くに立つと
許容入力まで余裕があると思われる音量でも
ビビリ音のある事が結構あります。
(昨日はEV製でしたが、やはりありました)

この現象は(高い安いの)メーカーの別なく
避けられないのでしょうか?

また、樹脂製筐体に多い現象と感じていますが、
カーペット貼りの木製筐体ではほとんど起こらないのでしょうか?
(ノーマルのまま使うとして)

ビビリ音、やはり無いほうが気持ち良いです、、、。
 

RE:ベルリン行きのミニワッター

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 6月 3日(金)23時06分16秒
返信・引用
  German customs always stop any parcel from abroad because they want to collect tax on everything possible.
なんだそうだ。
面倒な国だなあ。
 

RE:ベルリン行きのミニワッター

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 6月 3日(金)09時45分23秒
返信・引用 編集済
  あーあ、悪名高きフランクフルトの税関でひっかかったようだわ。
Declarationをちゃんと書いてもこれだからな。
オーストリアはすいすい通るのに・・・全く。
スピーカーを入れなくてよかった。


 

二枚目は、

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 6月 2日(木)08時46分12秒
返信・引用 編集済
  6N6P差動MWの2014化のための平ラグ総入れ替え作業。
しかも、持って行く部品を間違えたので、旧ラグの部品を流用やりくりしてしのいだ。

 

RE:ベルリン行きの

 投稿者:どんたく  投稿日:2016年 6月 2日(木)08時27分6秒
返信・引用
  >作業はこんな感じ
って 2枚目の写真を拝見すると、保守整備じゃなくて
1台組み立ててるとしか思えませんが。まさか出張製作なんてことないですよねえ。

 

RE:ベルリン行きの

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 6月 1日(水)23時00分33秒
返信・引用 編集済
  当然、メンテナンス込み。
頻繁に欧州各国に行かなければならない、というありがたい口実ができるわけです。
「行くぞ」って連絡すると、部屋を用意しておいてくれたり、コンサートチケットが手配されていたりして。
作業はこんな感じですね。

 

RE:ベルリン行きの

 投稿者:どんたく  投稿日:2016年 6月 1日(水)19時43分26秒
返信・引用
  >基本的に永久貸与
ということは メンテナンス込みですか。 こりゃ大変だあ。

 

RE:ベルリン行きのミニワッター

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 6月 1日(水)13時56分13秒
返信・引用 編集済
  こいつに送ったです。
本当はスピーカーも送ってやりたかったけど、送料がどえらい金額になるので「自分で買え」って。
http://www.danjulo-ishizaka.com/index.html


ベルリンはこれで2台目(1台目はViolaのアイツです)。
次は世田谷の指揮者、LS3/5Aをオマケにつけて。
将来のある音楽家の場合は基本的に永久貸与です。

 

RE:ベルリン行きのミニワッター

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2016年 6月 1日(水)11時56分27秒
返信・引用
  独語圏内は制覇やね。あれ英語圏もいってたかなー。仏語、伊語と広がってゆく・・・。
でこちらへ逆輸入的に評判になって、どんどん量産し、左うちわで・・・。
(量産時はこちらにもオシゴト回してくださいネ)

http://enigma6146.exblog.jp

 

ベルリン行きのミニワッター

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 6月 1日(水)10時43分45秒
返信・引用 編集済
  さるチェリスト君と約束したミニワッターをベルリンに送った。
彼は某団体からストラディヴァリウスを貸与されているしあちこちから引っ張りだこだが、音楽家の常としてプアなオーディオ装置しかないんだと言う。

日本から発送すると、スイスイ進んで大概24時間以内に飛行機に乗ってしまうが、あちらに着いてからは1日に1工程しか進まない。
とりあえずフランクフルトで通関らしいが、ベルリン行きに乗るのは翌日になって・・・
 

外付けマイク

 投稿者:南野美音  投稿日:2016年 5月 1日(日)00時23分2秒
返信・引用
  ありがとうございます、
滅多にない屋外収録、元のマイク「sony・ECM-MS2」に
ウインドジャマー装備で使っていますが、
それなりですが、(本当に滅多にないので)
変更は先になりそうですね、


 

レンタル掲示板
/145