teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ウィーン直行便がなくなる

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 4月13日(水)01時18分8秒
返信・引用 編集済
  秋のウィーン行きの検索をしたら直行便が出てこない。
変だなあと思って調べたら、唯一ウィーン直行便を運航しているオーストリア航空がこの秋をもって成田から撤退だそうです。
来シーズンからはどこかで乗り継ぎをしないとウィーンに行けないということです。
あー、めんどくさい。

この秋のウィーンフィルや国立歌劇場の日程は撤退後になるので、彼らも乗り継ぎでの来日になります。
おつかれさん!
 
 

ボーマルシェの戯曲三部作

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 4月10日(日)21時42分39秒
返信・引用 編集済
  昨日の不思議なタイトルのオペラは、フィガロの結婚の中に、過去の経緯であるセヴィリアの理髪師を回想の形で挿入したものでした。
しかも、レチタティーヴォの代わりに原作をベースにしたより詳細な状況演出を入れたものでした。
笑い転げて観ながら、やっぱり原作をちゃんと読まなければいけないという結論になりました。

フィガロの結婚の第一幕でいきなりバルトロとマルチェリーナがつるんで登場します。
いかにもこの二人がいつも一緒にいるように思えてしまうわけですが、原作によると、マルチェリーナが借金を形にしてフィガロと結婚するという訴訟を応援するために、バルトロはわざわざ遠方からやってきている。
しかし、オペラではそれが全くわからない。

第三幕、法廷の場面でダメダメな裁判官が登場しますが、何故ダメダメなのか。
原作にはその理由が書いてある。
その裁判官はそもそも法知識などなく、生活のために金で裁判官の職を買ったから。
しかも、原作ではその無知な裁判官が関西漫才さながらにボケまくる。

指揮者の村上さんは、フィガロの結婚の指揮をするに際して原作およびオペラの歌詞を精密に研究されたそうです。
たとえば、平民であるスザンナが貴族で年下のケルビーノを呼ぶ時、tuで呼ぶ時とleiで呼ぶ場面の使い分けがあるとおっしゃる。

日本人は、欧州の社会的背景や階級制度や文化史をよく知らずにオペラを観ているわけで、そこのところをもうちょっとなんとかした方が良さそうです。

 

今日はこれ

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 4月 9日(土)14時27分45秒
返信・引用
  本も演出もおかしくて笑い死にしそう。
 

おばちゃんとは・・・

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 4月 7日(木)18時15分14秒
返信・引用
  ウィーンフィルの写真を引き受けているカメラウーマンです。
でも、最近は団自前の撮影隊ができたのでおばちゃんの仕事が減ったとか。
団の撮影隊の方が腕がいいというあたりがちょっと問題。

 

携帯電話?

 投稿者:mi  投稿日:2016年 4月 7日(木)17時42分53秒
返信・引用
   一楽章の初め、まさに曲が始まる前に携帯電話の呼び出し音が聴こえてますね。
 彼方でも、こんな事が・・・・、変な事が進行している時代になりましたね。

 昔、ステージの上で呼び出し音が鳴ったのを経験した事があります、卒倒しました。

 おばちゃんとは・・・、フランクフルターアルゲマイネのおばさんですか。 
 

Re:彼方ではペトレンコは

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 4月 5日(火)20時35分5秒
返信・引用 編集済
  画像です。
マイクロフォンが下がっているので放送日のものですね。
ところで、ヴィオラのトップにG.Marschnerが座っているって、どういうことなんでしょうかね。
ヴィオラパートは病欠大会?

Photo by Linkeおばちゃん。
 

Re:彼方ではペトレンコは

 投稿者:mi  投稿日:2016年 4月 5日(火)17時25分26秒
返信・引用
  Re:彼方ではペトレンコは

  失礼しました、楽団員の反応を・・・と云う意味ではございません。

 お聴きいただいた通り、凄い指揮者が出てきたなーと思いました。座付き楽団は
 フィルハーモニー楽団とは違う性格てすし。
 ベルリンは良い指揮者を選んだようです。私にはこの50年間とはかなり違った
 音楽が現れて来ると聴きました。楽譜の読み込みが凄いでしょう。



 

彼方ではペトレンコは

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 4月 5日(火)13時46分49秒
返信・引用 編集済
  そういう話題は言わないのがエチケットなので聞いてもなかなか答えてくれない。
団員ひとりひとり言うことは極端に違うと思うので、たとえ僕が聞ける団員の何人かのコメントが得られたとしてもそれでどうなのか、なんとも・・・
たまたま一人の団員がどこかで言ったことが増幅されてそれがあたかもオケとしての評価のように扱われるわが国ですが。
それに年間で130回、同じ定期プログラムは3回ずつやるわけだし、当たり外れもありますから、そのうちの1回の本番でいい悪いを論じることはできないと思います。

読響のさる首席奏者氏と飲んでいて彼はこんなことを言ってました。
「年間で60人もの指揮者と共演するわけだけど、いいなあと思う指揮者は2~3人。でも仕事は仕事だから誰の指揮でもちゃんと弾くしベストを尽くすけどね」


 

ちょい聴きで。

 投稿者:mi  投稿日:2016年 4月 5日(火)11時07分23秒
返信・引用 編集済
    この頃、キリル・ペトレンコが気になるのです。ウィーンとのスコットランドが聴けたので
 大変ありがたかったですね。
  http://oe1.orf.at/konsole?show=ondemand&track_id=432953&load_day=/programm/konsole/tag/20160403

  ウィーン・フィルが指揮者の要求を少し熟していない様に聴こえましたが、客演なので
 それも有る事かも知れません、雑な感じ(横着感)もあります。彼方ではペトレンコは評判よいので
 しょうか。 
 

RE:ホームページのリニューアル

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2016年 4月 3日(日)21時47分52秒
返信・引用 編集済
  東京支社長には甚大なるお働き感謝とのこと(シャチョウ談)。
トップページの下のほうに顔だし程度でお許し下なんいなんて言ってましたっす。
エンジニアのプロフィールはヤンチャすぎてちょっと出しづらいそうですよ。

>演奏者に美形が多いような・・・
まーそのー(田中角栄さんのまねで)。
 

演奏者に(女性。)美形が多いような気が

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 4月 3日(日)19時29分39秒
返信・引用
  それはとても大切な要素です。


 

RE:ホームページのリニューアル

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 4月 3日(日)13時06分13秒
返信・引用
  顔写真入りで社長のご挨拶とかつけてよ。
あと、エンジニア氏のプロファイルもね。

 

ホームページのリニューアル

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2016年 4月 2日(土)22時25分16秒
返信・引用
  コウベレックスのホームページをリニューアルしました。今後ともに宜しく
お願いします。(ってPRですやん・・・スンマセン)

http://www.koberecs.com/

 

Re:私のお気に入りカルテット

 投稿者:無口なオヤジ  投稿日:2016年 4月 2日(土)19時15分16秒
返信・引用
  本当に、素晴らしいハーモニーでした。
ぺるけさんのは、演奏者に(女性。)美形が多いような気が、、、。
私のお気に入りは、目下ハリー・アレンとフィリップ・ストレンジ。
ところで、このジャケットは「やられた」と思わせるくらい名作ですな。
演奏も素直で、奇をてらったところがなくお気に入りの1枚です。

 

RE:こちらもおすすめ

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 4月 1日(金)16時57分44秒
返信・引用 編集済
  私の記憶では、その舞曲集は借金で首がまわらなくなった友人のための金策がてら書いたものだったような。
ベートーヴェンは、周囲との摩擦が多い人だったようですが、根はすごくいい奴。
WoO番号(Op番号なき作品)は、気を張らない佳曲が多いです。
 

Re:こちらもおすすめ

 投稿者:無口なオヤジ  投稿日:2016年 4月 1日(金)13時11分7秒
返信・引用
  やまね様
ご親切にありがとうございます。
CDはすぐ見つかりましたけど、LPは根気よく探してみます。
 

こちらもおすすめ

 投稿者:やまね  投稿日:2016年 4月 1日(金)12時35分11秒
返信・引用
  無口なオヤジさま>
Ensemble bella musicaでしたらこちらもお勧めですよ。
ベートーベンというと気難しい印象でしたが,こちらは
心軽やかになる一枚です。

ヤフオクにも時々安価で出ますね。Ensemble bella musica。
 

私のお気に入りカルテット

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 3月31日(木)00時31分45秒
返信・引用 編集済
  シューマン四重奏団といいます。
男の子3人は日系クォーター(たぶん)の兄弟。
欧州の四重奏コンクールで優勝しまくり。
拠点はドイツ、ケルン。

2014年4月、Ensemble RAROがリンツでコンサートをやるというのでわざわざ聞きに行ったら、ヴァイオリンがA.SitkovetskyではなくてE.Shumannだった。
彼に会ったのはそれが最初。
そのErikが四重奏団を結成していて、しかも抜群にうまいのを知ったのは半年も後のことだった。

 

マイクロフォンアンプの熱対策

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2016年 3月29日(火)23時07分17秒
返信・引用
  以前作ったマイクロフォンアンプ、回路はぺるけさんのパクリ+ちょっとモデファイ
なんですが、電源トランス目一杯のレーティングで使ったせいか発熱が大きい。
電解コンデンサなどの辛さを少しでも和らげようと対策をしました。
なんか半導体アンプみたいになりましたが。

http://enigma6146.exblog.jp

 

Re: JAZZ & Bossa好きに贈ります

 投稿者:kaz2go  投稿日:2016年 3月27日(日)10時37分28秒
返信・引用
  > No.3032[元記事へ]

ぺるけさんへのお返事です。

早速買ってみました。
今開封し聞いていますが、素敵なアルバムですね。

声も録音も素晴らしいし、Corcovado等聞き慣れた曲が入っているので
取っ掛かりが良いのかもしれません。
ありがとうございました。
 

レンタル掲示板
/141