teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


RE:黒枠

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2016年 3月18日(金)08時44分54秒
返信・引用
  そうそうこのタイプ。米粒みたいな黄色のLEDを目盛板の下側に取り付けてます。
内側の黒い薄板(可動部を隠す板)の上部を少し切り取り光が当たるように
小細工。メーターの端子ネジ、真鍮むき出しで流石SIFAM(って意味不明)。

http://enigma6146.exblog.jp

 
 

黒枠

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 3月18日(金)02時19分18秒
返信・引用 編集済
  すいません、VUは黒枠ありましたわ。
中央がピークインジケータ用の窓。


下の画像は、SIFAMの大型。
照明はバックライトではなく、いかにも後付けな上の隙間から照らすやつ。
しかも24Vもかけて電流バカ食い。
 

RE:VUメーターのパネル加工設計

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2016年 3月17日(木)23時25分40秒
返信・引用
  こんなタイプもあるのですね。僕が使ってるのは、照明は黒い枠とセットになっていて別売りでした。で照明無しのメーターに無理やり小さなLEDを押し込んでいます。

http://enigma6146.exblog.jp

 

VUメーターのパネル加工設計

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 3月16日(水)23時27分36秒
返信・引用 編集済
  SIFAMのVUメーターは、パネルに最小限の小窓を開けてメーターの上半分だけ顔を出すのであれば、それはそれで簡単なんですが、精密に四角い穴を開けなければならないし(無理)、そうなるとメーター固定用にサブパネルが必要になっておそろしく厄介だし。
パネル加工のあらが見えないように前から取り付けることにしました。
その場合、バックライトなしなのであれば25mm径の穴とビス穴を開けるだけで簡単に固定できるのですが、バックライトは文字盤全体を後ろから照らすためパネルに四角い穴を追加しなければなりません。
どれくらいのサイズの穴であれば具合がいいのかさっぱりわからないので、厚紙で仮パネルを作って光の透過具合を探っているところです。
 

JAZZ & Bossa好きに贈ります

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 3月15日(火)23時30分32秒
返信・引用
  Michael FranksやToots Thielemansも参加している。  

まだ在庫ありました

 投稿者:無口なオヤジ  投稿日:2016年 3月14日(月)07時26分12秒
返信・引用 編集済
  フランスの会社みたいですけど、CDandLP.com って所に2点在庫ありました。
上のは103.7ユーロに跳ね上がってました。私が買った時は15ユーロでしたけど。
 

RE:スイスとドイツから

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 3月13日(日)20時42分1秒
返信・引用
  よく手に入りましたね、特に上の方の1枚。


 

スイスとドイツから

 投稿者:無口なオヤジ  投稿日:2016年 3月13日(日)18時17分4秒
返信・引用
  師匠推薦のLPが手に入りました。
本人はドイツもスイスも行ったことありませんがね、LPはちゃんと送られて来ました。
反りも傷も皆無で新品同様でした。
本当に、奏者の曲に合わせた呼吸音や、空気までもが伝わって来る感じですね。
ということは、、、私めの再生システムもそれなりのレベルってことかも。
宝物がまた増えました。ありがとうございました。
 

エレクトレット

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 3月 9日(水)21時06分46秒
返信・引用 編集済
  SONYのエレクトレットはどれもザーザーうるさい、音が硬い、レンジ感がプア、という記憶が。
audio technica は4033以来、使えるのを出してきてます。
今は4050を使っています。

 

高圧がいる

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2016年 3月 9日(水)20時20分16秒
返信・引用
  みたいです。それを嫌ってエレクトレット方式が出てきたんですよね。DPA-4006はエレクトレット方式です。録音用に初めて買ったのがSONY ECM-23でエレクトレットタイプ、内部ノイズが大きくてワンポイント録音には苦しかった。でも今考えると内蔵アンプがプアーだったのかな。
1975年当時\25000ぐらいで、今だったらコンデンサマイク買えますよね(まー適当な)。

http://enigma6146.exblog.jp

 

RE:DC/DCコンバータ変更

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 3月 9日(水)13時45分33秒
返信・引用
  コンデンサマイクで良い音を拾おうとしたら高圧がいるんですねえ。

 

RE:DC/DCコンバータ変更

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2016年 3月 9日(水)09時34分5秒
返信・引用
  そういえばSONY C38BもDC/DCコンバーターが入ってました。

http://enigma6146.exblog.jp

 

RE:DC/DCコンバータ変更

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 3月 8日(火)17時06分54秒
返信・引用
  世界トップクラスのマイクロフォン Neumann U87は、マイク筐体内にファンタム電源で動作するDC/DCコンバータが内蔵されていますね。
無闇にスイッチングノイズがどうのこうのと怯えていないでスイッチング電源についてはもっと勉強しなければならないようです。


 

RE:DC/DCコンバータ変更

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2016年 3月 8日(火)13時51分46秒
返信・引用
  OSコンはコンバーター使用の電源ラインには最適みたいですね。紀尾井楽しみ!

>私のマイクプリのデビューは、M49tubeを使って鈴木重子、抜群の相性でした
あそうなんだ、TubeにはTubeでってところですね。
ひょんなことから転がり込んできたM49、電源ユニットのコンデンサーは全交換
ですね。球が元気だったらいいのですが。(一本\5万で入手できるようです)

やっとDENON DH-610Sの整備が終わり、今オッテンザマーさんが吹いたクラリネット五重奏
を聞きながらキーボード叩いてます。いい音やーーーーー(自画自賛)。

http://enigma6146.exblog.jp

 

DC/DCコンバータ変更

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 3月 8日(火)13時00分18秒
返信・引用 編集済
  はい、紀尾井ホールに間に合わせるつもり。
三月は期末でエンジニア教育はまずやらないのでこちらは暇になります。
時間はたっぷりあるので、使わなくなった安定化されていない方のDC/DCコンバータを精密に実測などやってます。
案外スイッチングノイズが少ない。
出力側に22uFのOSコンを入れただけで帯域20MHzで2~3mVになりましたから優秀です。
入力側から逆流するスイッチングノイズも2mVくらいで大人しいです。

http://www.op316.com/tubes/datalib/dcdc-mau108.htm

M49って、新品だとクルマが買える。
中古でも軽自動車が買えたりしません?
私のマイクプリのデビューは、M49tubeを使って鈴木重子、抜群の相性でした。
 

RE:すごくいい感じに出来たのであるが、

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2016年 3月 8日(火)09時28分19秒
返信・引用
  奮闘中ですね。紀尾井で拝見できますか?

こちらはNEUMANN M49なんてのが舞い込んできました。未使用カプセルの予備付です。
先ずは電源の整備からですね。しかし1958年に某ラジオ局が仕入れたもの、動作するかな?

http://enigma6146.exblog.jp

 

すごくいい感じに出来たのであるが、

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 3月 6日(日)16時07分22秒
返信・引用
  電源 部がやり直しになった。
今更に気がついた問題、使ったDC/DCコンバータが帰還型ではない昇圧しっぱなし型だった。
バッテリーの電圧が下がると出力電圧もどんどん下がるため、精密に調整したDCオフセットが狂う。
出力電圧が安定しているMCWシリーズに変更。
基板パターンやり直し。
頭を使うお楽しみが増えたよ。
 

LM3915のドキュメントに載っている回路

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 3月 1日(火)02時28分57秒
返信・引用 編集済
  TrのVBEとダイオードのVfで相殺されるので、DCが出るとしても0.1V程度、ならばLM3915のVREFを高く設定すれば使える、と書かれていますが実際に回路を組んだら全然違う結果が。
TrのVBEが0.6Vくらいあるのに対して、ダイオードのVfが0.2Vくらいにしかならず※、出力に0.4VくらいのDCが出っ放しになるのでLEDが下から何個も点灯しっぱなしになって使い物になりませんでした。
回路の考え方は超シンプル、単一電源なのにDC出力という点で秀逸なんですがねえ。


※VBE=0.6Vの時、計算上はVf=0.2V、1MΩの両端=0.4V、バイアス電流=0.4μAでこの回路はバランスすることになりますが、実際もそのとおりになりました。

 

両波整流です

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 3月 1日(火)02時09分39秒
返信・引用 編集済
  VUメーターの駆動回路がバランス型なので、バランス出力をそのまま使うと両波整流になってしまいます。
整流に使える「波」がほぼ2倍になるので応答可能な周波数も2倍にアップします。

 

ピークメーター整流回路

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 2月29日(月)01時54分22秒
返信・引用 編集済
  とりあえず、半波整流回路です。
帰還型でないじつに簡単な回路ですが、ちょっとしたトリックを使うことでとても正確に動作します。



ダイオードに微量のバイアス電流を流していますが、これだけではまだまだ十分なリニアリティは得られません(右のグラフの赤でプロット)。
-23dBの信号入力でようやく-27dBのLEDが点灯するという意味のグラフです。
上から-12dBまではまあ許せる範囲ですが、その下では感度が落ちてどんどんずれてきます。
もっとも、ピーク監視の対象は上から0dB~15dBの範囲ですからこれでも十分に実用になります。

精度を出すために出力に意図的に0.057VのDCオフセットを出しています。
こうすることで、LM3915を騙して結果的に27dBレンジで±0.2dBの精度を得ています(右のグラフの青でプロット)。

ピークメーターの回路は面白いことだらけで結構はまりますねぇ。

 

レンタル掲示板
/144