teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:176/2908 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

周辺の話し声やガサゴソ音が大きくなりはしまいか、

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 4月24日(日)01時11分20秒
  通報 返信・引用 編集済
  私は、ライブ録音ではそこのところで根本的な誤りをやっていると思っています。
ライブはそもそもホール全体がノイジーだというのが音楽の真の姿なんですが、客席のノイズを嫌う余り、せっかくの音楽を台無しにした録音が出回っています。

ここに時々登場されるヨシザワさんの録音にはよくお手伝いに行くんですが、氏は無指向性マイクをメインにして気持ちよく広がった素晴らしい録音をされます。
そして面白いことに、不快なノイズなんて拾っていませんし、定位もばっちりです。
理由は簡単で、無指向性マイクにもある程度の指向性があるからであり、しかも、指向性の帯域特性がものすごく素直だからです。
それに比べると、単一指向性マイクの真横や後方の周波数特性はギザギザのめちゃくちゃです。

可変指向を持っているとものすごく応用がききますよ。お手ごろなのというと以下のものがあります。

AKG P420
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/197965/

audio technica AT2050
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/133891/

私だったらこれ買いますね。
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/159215/

バウンダリも非常にゆるやかな指向性がありますし、何故か床のノイズが拾いません。
打楽器のセッションを録った時、演奏中に打楽器奏者がマイクロフォンを踏んづけたのですが(PZMは踏まれてもいいように超頑丈です)、後で聞いてもいつ踏まれたのかわかりませんでした。

音と映像を録る時は、映像担当と音響担当の2人で役割分担します。
映像担当は、2~4台のカメラを用意し、1台は本人が張りついてパンやズーム操作をして動きをつけた動画を録り、残りの1~3台は固定にして録りっぱなしとし、カメラ付属のマイクで仮音は録りますが、後で私が録った音を入れ替えて編集します。

 
 
》記事一覧表示

新着順:176/2908 《前のページ | 次のページ》
/2908